令和元年度 周東総合病院 病院指標

令和元年度 周東総合病院指標

令和元年度 周東総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数2247699148255394101418921415430

当院の入院患者さんは70歳以上の占める割合が約6割となっており、比較的ご高齢の入院が多く占めています。山口県は高齢化率が全国で4番目に高く、その山口県の中でも特に高齢化率が高い柳井医療圏の特徴が現れているといえます。また近年の当院の傾向としては40~60歳代、いわゆる「働く世代」の入院も増加しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

小児科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140010x199x00x妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし808.096.172.50%0.00 
030270xxxxxxxx上気道炎-処置1:0-処置2:0-副病:0273.674.940.00%1.67 
060380xxxxx0xxウイルス性腸炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0213.385.390.00%3.86 
040100xxxxx00x喘息-処置1:0-処置2:なし-副病:なし125.676.648.33%3.42 
140010x299x0xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:01010.9011.160.00%0.00 

当院は柳井医療圏で唯一、周産期医療を提供している病院のため、新生児の入院の件数が多くなっています。新生児以外では、腸炎や上気道炎・喘息など、小児の全般的な疾患を幅広く診ています。


外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060160x001xxxx鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0636.604.851.59%71.63 
060040xx99x60x直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:6あり-副病:なし573.004.360.00%72.40 
060335xx02000x胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし4710.667.132.13%68.09 
060040xx99x50x直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:5あり-副病:なし412.934.330.00%73.27 
060035xx99x70x結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:7あり-副病:なし403.004.740.00%72.30 

専門外来を開設するなど、鼠径ヘルニアの治療を積極的に行っています。胆のうだけでなく、消化器疾患(大腸、胃)などについても、腹腔鏡下による身体に負担の少ない低侵襲手術を行っています。がん患者さんについては、術後の化学療法も行っており、患者さんの希望や状況に応じてで外来か入院を選択できる体制も整っております。また本集計には上がってきていませんが、当院に乳癌の専門医師が赴任されたことにより、乳癌の患者さんの入院件数も増えています。


整形外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:015849.4925.9439.87%84.03 
070230xx01xxxx膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:08336.7823.560.00%76.04 
07040xxx01xxxx股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:04834.6021.532.08%71.04 
160760xx97xxxx前腕の骨折-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:04710.855.542.13%64.87 
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし4133.3419.4026.83%81.12 

関節疾患(変形性膝関節症・股関節症など)に対して積極的な治療を行い、運動機能を改善することで日常生活の質の向上を図ります。また、高齢者の大腿骨近位部の骨折も多く、受傷後は早期に手術を施行し、早期離床を行うことで早期の社会復帰を目指しています。手術後に状態が落ち着いたら、リハビリテーション病院に転院して積極的にリハビリテーションに取り組んでいくことが一般的な流れになっています。しかし、当院の近隣病院は整形疾患を主に診るリハビリテーション病院が少なく、転院が困難になっています。そのため、当院では連携している病院が担う部分を地域包括ケア病棟で行っているため、平均在院日数が全国平均と比べて長く、転院率も低くなっています。


脳神経外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060×2990401脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は23620.6716.1325.00%73.86 
160100xx97x00x頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし1919.329.670.00%77.95 
010230xx99x00xてんかん-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし1817.787.105.56%61.44 
010060×2990411脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:1あり-発症前Rankin Scale 0、1又は21536.6718.2446.67%76.80 
010040x099000x非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし1437.7118.8164.29%76.00 

当院では、急性期の脳卒中や外傷性脳内出血に対応しています。急性期の治療後は、言語や運動麻痺などの症状が残るため約7割は近隣のリハビリテーション病院に転院されています。しかし、近隣には後方支援病院が少なく、転院調整に時間を要するため、平均在院日数が全国平均より伸びています。


産婦人科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120180xx01xxxx胎児及び胎児付属物の異常-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:03511.779.660.00%32.71 
120060xx01xxxx子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:01715.299.710.00%43.88 
120090xx97xxxx生殖器脱出症-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:01514.008.650.00%74.93 
120010xx99x40x卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし142.864.820.00%71.14 
12002xxx99x40x子宮頸・体部の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし135.854.580.00%58.08 

当院は柳井医療圏で唯一のお産を扱う医療機関です。その為、妊娠中期から後期の切迫早産の入院も多く、長期の入院管理を要することもあります。


リハビリ科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし2634.3519.4023.08%82.58 
160980xx99x0xx骨盤損傷-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:01238.3319.5925.00%86.42 
160800xx01xxxx股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:0560.2025.940.00%89.60 
160800xx99xx0x股関節・大腿近位の骨折-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし539.6014.4380.00%85.60 
160580xxxxx0xx腹壁損傷-処置1:0-処置2:なし-副病:0238.508.5050.00%91.50 

急性期から亜急性期のリハビリテーションサービスを主に提供しております。
骨折等の外傷や人工関節術後等の運動器疾患、脳血管疾患に対するリハビリのみならず、虚血性心疾患治療後の患者様に対する心臓リハビリや、人工呼吸器治療後等の呼吸器リハビリ、嚥下障害に対しての嚥下練習なども行っております。


泌尿器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110080xx991x0x前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし1132.162.490.00%72.99 
110070xx0200xx膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし-副病:05712.407.071.75%78.68 
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし3413.9112.5814.71%73.79 
110280xx99000x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし2711.3711.673.70%69.19 
110060xx99x20x腎盂・尿管の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:2あり-副病:なし2211.2310.840.00%76.23 

男性のがん罹患率が4番目に高い、前立腺がんの検査目的の入院が最も多くなっています。手術では、膀胱がんに対する経尿道的手術(TUR-BT)を行い、術後は状態によりBCG膀胱内注入療法を併用した治療も行なっています。


循環器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx02000x狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし1425.684.401.41%72.51 
050050xx99200x狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:2あり-処置2:なし-副病:なし943.193.151.06%71.69 
050050xx99100x狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし823.683.011.22%73.50 
050130xx99000x心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし8122.7317.7117.28%83.04 
050030xx97000x急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞-その他の手術あり-処置1:なし、1あり-処置2:なし-副病:なし3822.1112.377.89%74.08 

循環器内科は主に虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)や心不全での入院が占めています。虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)では、心臓カーテル検査による入院が最も多く、検査結果によっては引き続き経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)といった血管内治療を施行しています。


血液内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100071xx99x1102型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:あり-85歳未満3117.9714.743.23%66.94 
100070xx99x1002型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし-85歳未満1314.0813.720.00%63.62 
100070xx99x1102型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:あり-85歳未満1312.7715.200.00%66.31 
130060xx99x4xx骨髄異形成症候群-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:0128.0010.430.00%82.67 
040110xxxxx0xx間質性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:01037.4018.8410.00%74.30 

血液内科では糖尿病教育入院(注射器実施指導、合併症の検査、日常生活の食事指導など)を積極的に行っています。また、患者さんの希望に応じて短期間での集中的な教育入院も実施しています。


消化器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060100xx01xx0x小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし3522.242.630.00%70.04 
060340xx03x00x胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし639.489.7915.87%81.05 
060020xx04x0xx胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:なし-副病:0518.928.270.00%72.51 
060102xx99xxxx穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0317.977.653.23%62.13 
060190xx99x0xx虚血性腸炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0317.948.863.23%69.84 

当科では大腸ポリープの粘膜下切除術の件数が多くを占めており、その他に胆のう結石や総胆管結石による胆管炎に対して、身体に負担の少ない内視鏡的治療を行なっており、全国の平均在院日数よりも当院は短い在院日数となっています。また、これら以外にも多くの消化器疾患を診療しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌641410613618
大腸癌2355558016418
乳癌152241918
肺癌17227252018
肝癌81106163818

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院でがん治療を行なっている5大がんの病期分類を集計したものです。がんは進行度(ステージ)に応じて0~Ⅳまでの5段階で分類され、進行するに従って数字が大きくなります。当院では様々な部位のがんや様々なステージの患者さんの治療を行なっています。また、患者さんの中には治療の過程で残念ながら、がんの再発が認められる方もいらっしゃいますが、そういった方々も当院で引き続き治療を継続されています。※患者数が10未満の場合は、「-」と記載しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症198.4248.16
中等症7519.3779.69
重症2418.5879.46
超重症1520.8787.47
不明

市中肺炎とは、日常生活で肺がウイルスに感染して炎症を起こすものをいいます。本集計では「成人市中肺炎ガイドライン(日本呼吸器学会」を用いて重症度を判定しています。中等度と重傷の入院が約8割を占めて、重症度が悪くなるにつれ在院日数・平均年齢も上がっています。※患者数が10未満の場合は、「-」と記載しています。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内8631.2677.9535.16%
その他536.0077.203.30%

当院では、急性期の脳梗塞の受け入れています。また、近隣には後方支援病院が少ないため、脳梗塞治療後の他病院からのリハビリ目的の患者さんも受け入れています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

小児科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7151腸重積症整復術(非観血的) 
        
        
        
        

※患者数が10未満の場合は、「-」と記載しています。


外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術642.987.021.56%68.69 
K634腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)381.262.792.63%68.68 
K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術336.8513.943.03%74.09 
K6335鼠径ヘルニア手術261.623.620.00%66.19 
K7193結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)259.7629.0416.00%76.12 

消化器疾患に対しては、低浸襲的な腹腔鏡下手術から、癌患者さんに対する根治性を考慮した拡大手術に至るまで幅広く施行しています。鼠径ヘルニアは低浸襲的な腹腔鏡下手術も積極的に行っています。呼吸器外科では気胸や腫瘍に対する胸腔鏡下手術と肺癌に対する手術・治療を、乳癌に対する乳房温存療法、血管外科では動脈瘤に対する低浸襲手術や閉塞性動脈硬化症に対するバイパス手術、動脈血栓・静脈瘤に対する診断・治療などを幅広く行っています。


整形外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0821人工関節置換術(膝) etc.1422.2033.630.70%74.36 
K0461骨折観血的手術(大腿) etc.1245.9942.1337.90%82.99 
K0811人工骨頭挿入術(股)607.0243.0040.00%82.93 
K0462骨折観血的手術(前腕) etc.563.2522.843.57%69.41 
K0483骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) etc.381.133.160.00%54.58 

変形性膝関節症と外傷性骨折に対する手術症例が半数以上を占めています。


脳神経外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術201.3515.955.00%81.45 
K0053皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 
K147穿頭術(トレパナチオン) 
K1643頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 
K1742水頭症手術(シャント手術) 

慢性硬膜下血腫は、頭部外傷後などで数ヶ月経つと言語障害や半身麻痺が症状として現れる病気です。穿孔洗浄術の術後は早期に症状が改善し、社会復帰が多く望めます。※患者数が10未満の場合は、「-」と記載しています。


産婦人科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8982帝王切開術(選択帝王切開)344.099.000.00%33.38 
K877子宮全摘術212.1012.620.00%48.90 
K8654子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式)152.3310.670.00%74.93 
K9062子宮頸管縫縮術(シロッカー法)71.003.710.00%32.86 
K8881子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)61.837.830.00%35.17 

予定の帝王切開だけでなく、母児共に経過良好でも、状態が悪化し、緊急で帝王切開が必要になる場合も対応することができます。お産以外では、子宮筋腫や子宮内膜症、骨盤臓器脱に対する手術も行なっています。


泌尿器科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)483.109.062.08%79.79 
K610-3内シャント設置術335.7319.186.06%68.33 
K783-2経尿道的尿管ステント留置術250.686.8028.00%69.72 
K7811経尿道的尿路結石除去術(レーザー)132.393.230.00%61.62 
K616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術1210.338.0016.67%66.33 

膀胱がんや尿路結石症に対する治療だけでなく、血液透析用の内シャント手術や、その後のシャント狭窄症に対してのシャント拡張・血栓除去術の症例も多く扱っています。


循環器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)1031.964.100.97%73.24 
K5463経皮的冠動脈形成術(その他)321.252.883.13%69.94 
K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)291.3112.036.90%76.59 
K616四肢の血管拡張術・血栓除去術291.662.520.00%75.10 
K5491経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)270.0026.2211.11%74.15 

虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)の件数が多く、予定だけでなく緊急の症例でも対応しています。また、冠動脈の経皮的治療だけではなく、下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する四肢の経皮的血管拡張術の治療を施行しています。


血液内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)723.2943.290.00%73.29 
K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)522.2025.8040.00%71.40 
K0461骨折観血的手術(大腿) 
K6261リンパ節摘出術(長径3cm未満) 
K0462骨折観血的手術(下腿) 

悪性リンパ腫の診断目的のため、リンパ節の摘出術を行なっています。また、悪性と診断された際には、その後化学療法を行なうために、中心静脈カテーテルを植え込むことも行なっています。※患者数が10未満の場合は、「-」と記載しています。


消化器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)3420.121.300.29%70.22 
K688内視鏡的胆道ステント留置術592.099.1513.56%83.17 
K6532内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)501.046.900.00%72.50 
K654内視鏡的消化管止血術342.0018.068.82%77.68 
K6871内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)293.145.9017.24%77.21 

消化器内科で治療の件数が多いのは、内視鏡的手術や経皮的手術を行う、胃、大腸、胆のう結石、総胆管結石、閉塞性黄疸などの疾患です。ERCP(内視鏡的造影)を施行した後、胆道の入り口(乳頭部)を切開し、結石を除去したり、胆道ステントを留置し胆汁の流れを良くする治療を行っています。肝臓がんに対して、血管内に細いカテーテルを挿入して病変部に薬剤を注入し、更に血管塞栓術を施行しています。また、早期胃がん、早期大腸がんに対して、内視鏡的粘膜切除(EMR)では切除できない場合には、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一200.34%
異なる140.24%

医療の質の改善に資するため、厚生労働省より提示されている4症例を示します。上記の4症例について、入院の契機になった病名と同一の有無を区別し、発生率はその年度の全退院患者数を分母として集計をしています。当院では、手術・処置後どうしても起こりうる合併症については、事前に充分に説明し、承諾をいただくように努めています。※患者数が10未満の場合は、「-」と記載しています。

更新履歴

令和2年9月24日 新規作成

令和2年9月29日 説明文を追加