脳神経外科

勤務医紹介

藤澤 博亮(副院長 兼 脳神経外科部長)

山口大学医学部臨床教授
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医

外来担当医表

概要

対象:脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞等)、脳腫瘍、頭部外傷、機能脳神経外科(顔面けいれん・三叉神経痛)、小児脳神経外科(先天奇形等)を加療対象としています。

  • 頭痛、手足のしびれ、麻痺、けいれん、意識障害、言語障害、歩行障害、視力・視野障害、複視、めまい、顔面のけいれん・痛み、痴呆等の症状の精査を行います。
  • 病床は40床、年間入院患者数は400人前後。
  • 年間手術件数は100件前後。   動脈瘤クリッピング10~15件、慢性硬膜下血腫術50件弱、開頭血腫除去7件、腫瘍摘出術5件など
  • 主な医療機器は、手術用顕微鏡・超音波メス・CT・MRI・脳血管造影(DSA)装置・局所脳血流検査装置・経頭蓋ドップラー・低体温治療用冷却装置・誘発電位・脳波・頚部超音波・Linac等があります。
  • 各医療機関からのご紹介患者様、救急患者様を24時間体制で受け入れています。
  • 脳梗塞急性期のt-PA治療や、慢性期の脳血流検査などを行っております。

手術実績