栄養科

目次

医師の指示に基づいて、患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。

目次

栄養科紹介

栄養科 モットー

栄養科では『楽しく☆ おいしく☆ 美しく☆』をモットーに職員一同勤務しております。

スタッフ紹介

以下のスタッフで、病院の食事(朝、昼、夕)の準備、栄養指導等を行っています。

資格取得

管理栄養士や栄養士の資格だけでなくいろいろな資格取得を行っています。

調理場での心がけ

  1. 衛生的に・・・限られた施設設備で大量調理マニュアルに基づいた衛生管理を
  2. 迅速に・・・限られた時間内で体力の可能な限り
  3. 美味しく・・・限られたコストの中で全ての方の舌を満たすように

入院中の食事

医師の指示に基づいて、患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。
【食 種】一般食、高血圧食、低残渣食、糖尿病食、潰瘍食、胃術後食、膵臓食、肝臓食、腎臓食、ネフローゼ食、透析食、吐血後食など

適時適温給食

朝食 8時、 昼食12時、 夕食18時
温冷配膳車を使用して食事を提供しております。

個別対応食

食欲不振や摂食状況に問題のある方、病態により厳密な栄養管理が必要な方に対し、少しでも喫食量が増え、治療に寄与できるよう、可能な範囲で個別に対応します。
ご飯をパンやおむすびに、おかずをやわらかくしたり、ミキサーにかけるなどの形態も考慮します。飲み物やゼリーなどの栄養補助食品も常備しています。

行事食

正月、こどもの日、海の日、敬老の日、体育の日などの祝祭日に加え、節分、雛祭り、七夕、土用の丑、冬至など季節に合わせて行事食を実施しています。

産褥食

出産された方へ、産褥食・祝い膳・出産祝いケーキをお出ししております。詳しくは、お産のご案内をご参照ください。

外来透析食

外来透析を受けられる患者様で、希望のある方には昼食を提供しています。詳細は透析室にお問い合わせ下さい。

自助食器の対応

脳梗塞等による後遺症などで手の不自由な方に、リハビリの一貫として、すべりにくく、すくいやすい食器で食事を提供しています。

地産地消

給食では地元の食材をも取り入れています。

栄養指導

管理栄養士が医師の指示に基づき、栄養指導及び食事相談を行なっています。
また、入院中や外来通院中に食事について指導、相談の希望がある際は、主治医にお申し込み下さい。

個人指導(要予約)

糖尿病、腎臓病、肝臓病、肥満、術後など一人一人の病態に応じた食事療法の指導を行なっています。

【入院・外来ともに東館1階の栄養指導室にて行っております。また、入院時は病棟でも指導可能です。】

予約方法・・・入院中は病棟看護師へ、外来では受診時に主治医へご相談下さい。

集団指導

院内で開催されている教室(勉強会)等において、栄養科が担当で講義を行っています。月によって開催日が変わりますので、詳細については各外来へお尋ねください。

特定保健指導

特定保健指導の一貫として、動機付支援・積極的支援を行っております。

栄養科のできごと

栄養科の行っている行事や参加した行事など活動報告をお知らせいたします。

秋田県の郷土料理 稲庭うどん(2020年5月)

 当院では全国の郷土料理を紹介する取り組みを、全国厚生連栄養士協議会主催のもと行っております。5月15日は秋田県の「稲庭うどん」を提供しました。

 「稲庭うどん」は秋田県南部の手延べ製法による干しうどんで、日本三大うどんの一つです。うどんというよりそうめんに近く、打ち粉としてデンプンを使う点や平べったい形状が特徴です。独特の製法により茹で上がりが早く、コシが強く非常にのどごしが良い麺です。

 稲庭うどんのルーツには諸説ありますが、藩政時代より秋田藩の名品として御用達になり各藩への贈答品に使われていました。各地に伝わるふるさとの味として、2007年に農林水産省により「農山漁村の郷土料理百選」として選ばれました。

 今回はつゆをかけ、温かい稲庭うどんを提供しました。お好みに応じて暑い時期はざるうどんでもおいしくお召し上がりいただけます。

 コロナ禍の中、遠方への外出や旅行はもうしばらく叶わないこともあるかと思いますが、全国の名産品のお取り寄せや、各地域に伝わる郷土料理を作ってみて“旅行気分”を味わってみるのもよいかもしれませんね。

全国の郷土料理を提供しています(2020年3月)

 当院では全国にある厚生連病院とのつながりを活かし、定期的に全国の郷土料理を提供する取り組みを行っています。この取り組みでは全国の厚生連関連病院で同じ日に“全国統一献立”として提供しています。

 今回は岐阜県の郷土料理『けいちゃん』を提供しました。岐阜県の飛騨地方を中心とした山間部は、古くから豆味噌を各家庭で作り味噌を調味料として料理することが多いところです。けいちゃんは各家庭で鶏を飼育し、卵を産まなくなくなった廃鶏を味噌だれにつけ込んで料理したことが始まりといわれています。

 豆板醤がよいアクセントになり、鶏肉と野菜がおいしくいただける料理です。

材料(1人分)
 鶏もも肉(皮なし)
 キャベツ
 玉ねぎ
 人参
 ピーマン
 油
50g
30g
10g
  5g
10g
  3g
★ にんにく
★ 赤味噌
★ みりん
★ 豆板醤
★ 濃口しょうゆ 
★ 酒
0.2g
   5g
   1g
   1g
   1g
   1g
・このほか季節の野菜を使用するのもよいでしょう
・病院給食での提供の都合上、当日は一部食材を変更して提供しました

作り方

 

スチームコンベクションオーブンが新しくなりました!(2019年1月)

 大量調理には欠かせないスチームコンベクションオーブン。当院では大小2台のオーブンを使って、毎日の給食づくりにフル活用しています。焼く・炒める・煮る・揚げる・蒸すなど様々な調理が可能なので、今や当院の給食づくりには必要不可欠な調理機器になっています。平成17年の調理場の移転改築時から1日の休みもなく早朝から夜まで給食のために働き続けてきたオーブン、幾度となくけがや故障に悩まされながらもここまで働くことが出来ました。このたび長年の功績をたたえるとともに、新たなオーブンの健闘を願って現役を引退することになりました。新しいオーブンに変わって心機一転、より一層美味しい給食づくりに貢献してくれると思います。

スチームコンベクションオーブン スチームコンベクションオーブン

世界糖尿病デー&実りの会(糖尿病患者会)イベントを実施しました

 毎年11月14日は世界糖尿病デーです。当院でもこの日に合わせて患者会のイベントを実施しました。今回のテーマは「血糖変動を考えよう~食後高血糖について~」でした。  管理栄養士からの話としては「食後高血糖について考えよう」と題し、炭水化物とは何か、栄養成分表示の見方、血糖コントロールのポイント、などについてお話をしました。  昼食には、きのこやお酢を使用したおかずの入った約500kcalのお弁当と、手作りのデザートを提供しました。デザートは小麦粉を使用しない低糖質ケーキと、砂糖の代わりに人工甘味料を使用した寒天とフルーツの盛り合わせの2種類から選べるようにしました。どちらも好評で参加者の方に喜んでいただくことができました。
 これから忘年会やクリスマス、お正月など、人が集まりごちそうを食べる機会が増える季節になります。暴飲暴食には気を付けたいですね。

☆低糖質ケーキの作り方☆
 材料(角型20×15cm 1枚分=14個分)
 卵黄M3個分
 卵白M2個分
 グラニュー糖15g
 純ココア25g
 マービー(粉)35g
 生クリーム7ml
 マービー(粉)15g
 果物適量
  
 1個あたり 約68kcal 
  
作り方 
①ボウルに卵黄とマービー20gを入れ、ハンドミキサー(中速)で白っぽくなるまで泡立てる。
②別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサー(中速)でほぐす。
ミキサーを高速にして泡立て白っぽくなってきたらグラニュー糖と残りのマービーのうちの1/3量を加えて泡立てる。続けて残りのグラニュー糖とマービーを2回に分けて加え、角がピンと立つ手前くらいまでしっかりと泡立てる。
③②のメレンゲに①を2回に分けて加え、泡立て器で混ぜる。全体が完全に混ざる前にココアを3回に分けて加えて混ぜ、 最後にゴムべらで全体を均一にさっくりと混ぜる。
④オーブンシートを敷いた天板に③を流し入れ、カードで表面をならす。
⑤170℃に余熱したオーブンで約12分焼く。焼き上がったら天板から取り出して網などに乗せて側面のオーブンシートを はがし、そのまま冷ます。
⑥冷めたらオーブンシートをはがして切り分け、泡立てたクリームを塗って果物を乗せる。