栄養科

目次

医師の指示に基づいて、患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。

目次

栄養科紹介

栄養科 モットー

栄養科では『楽しく☆ おいしく☆ 美しく☆』をモットーに職員一同勤務しております。

スタッフ紹介

以下のスタッフで、病院の食事(朝、昼、夕)の準備、栄養指導等を行っています。

資格取得

管理栄養士や栄養士の資格だけでなくいろいろな資格取得を行っています。

調理場での心がけ

  1. 衛生的に・・・限られた施設設備で大量調理マニュアルに基づいた衛生管理を
  2. 迅速に・・・限られた時間内で体力の可能な限り
  3. 美味しく・・・限られたコストの中で全ての方の舌を満たすように

入院中の食事

医師の指示に基づいて、患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。
【食 種】一般食、高血圧食、低残渣食、糖尿病食、潰瘍食、胃術後食、膵臓食、肝臓食、腎臓食、ネフローゼ食、透析食、吐血後食など

適時適温給食

朝食 8時、 昼食12時、 夕食18時
温冷配膳車を使用して食事を提供しております。

個別対応食

食欲不振や摂食状況に問題のある方、病態により厳密な栄養管理が必要な方に対し、少しでも喫食量が増え、治療に寄与できるよう、可能な範囲で個別に対応します。
ご飯をパンやおむすびに、おかずをやわらかくしたり、ミキサーにかけるなどの形態も考慮します。飲み物やゼリーなどの栄養補助食品も常備しています。

行事食

正月、こどもの日、海の日、敬老の日、体育の日などの祝祭日に加え、節分、雛祭り、七夕、土用の丑、冬至など季節に合わせて行事食を実施しています。

産褥食

出産された方へ、産褥食・祝い膳・出産祝いケーキをお出ししております。詳しくは、お産のご案内をご参照ください。

外来透析食

外来透析を受けられる患者様で、希望のある方には昼食を提供しています。詳細は透析室にお問い合わせ下さい。

自助食器の対応

脳梗塞等による後遺症などで手の不自由な方に、リハビリの一貫として、すべりにくく、すくいやすい食器で食事を提供しています。

地産地消

給食では地元の食材をも取り入れています。

栄養指導

管理栄養士が医師の指示に基づき、栄養指導及び食事相談を行なっています。
また、入院中や外来通院中に食事について指導、相談の希望がある際は、主治医にお申し込み下さい。

個人指導(要予約)

糖尿病、腎臓病、肝臓病、肥満、術後など一人一人の病態に応じた食事療法の指導を行なっています。

【入院・外来ともに東館1階の栄養指導室にて行っております。また、入院時は病棟でも指導可能です。】

予約方法・・・入院中は病棟看護師へ、外来では受診時に主治医へご相談下さい。

集団指導

院内で開催されている教室(勉強会)等において、栄養科が担当で講義を行っています。月によって開催日が変わりますので、詳細については各外来へお尋ねください。

特定保健指導

特定保健指導の一貫として、動機付支援・積極的支援を行っております。

栄養科のできごと

栄養科の行っている行事や参加した行事など活動報告をお知らせいたします。

十五夜(2022年9月16日)

 2022年9月10日は中秋の名月、十五夜でした。雲はやや多いもののきれいなお月様をみることができました。今年の十五夜は満月と重なりましたが、十五夜と満月は重ならないことも多く、来年の十五夜に満月と重なって以降、次に重なるのは2030年だそうです。

 お月見に団子を食べる習慣は平安時代には既にあり、収穫を祝う行事として行われていました。今回の給食では白玉団子をお月見団子として提供しました。行事食を通じて季節のうつろいを感じていただければと思います。

鹿児島県の郷土料理 豚骨・さつま揚げ(2022年8月10日)

 当院では、全国の郷土料理を紹介する取り組みを全厚連栄養士協議会主催のもと行っております。全国の厚生連病院で同じ日に“全国統一献立”として提供しています。R4.7.15は鹿児島県の郷土料理である「豚骨」と「さつま揚げ」を提供しました。

「豚骨」は、薩摩の武士が戦場や狩り場で作ったのが始まりと言われています。豚の骨付きあばら肉を焼いて芋焼酎と炒りつけ、野菜やこんにゃくなどとともに味噌と黒砂糖で煮込んで作る料理です。鹿児島と言えば黒豚が有名ですが、島津家久(薩摩藩18代当主)によって琉球から鹿児島に移入された豚がルーツと言われています。

「さつま揚げ(つけ揚げ)」は魚のすり身に、豆腐や地酒をすり混ぜて、いろいろな形にして油で揚げたものです。一説には、琉球料理の「チキアーゲ」がなまったものとも言われ、琉球渡来説が強いです。当時はつけ揚げの代用品として、魚の取れない山村地帯では、野菜に衣をつけた揚げ物をつけ揚げと呼びました。

豚骨

材料(1人分)
・豚肉(豚骨)     : 60g
・油          : 5g
・大根         :60g
・人参         : 20g
・生揚げ        : 30g
・ごぼう        : 20g
・こんにゃく      : 40g
・焼酎(なければ料理酒): 5g
・赤味噌        : 12g
・黒砂糖        :5g
・薄口醤油       : 4g
・生姜         :適量

*給食では、豚骨ではなく豚角切り肉を使用しました。

作り方

1.鍋に油をしき、豚骨を強火で炒める。表面が白くなったら焼酎を入れて汁気がなくなるまで炒めた後、豚骨にお湯をかけて油抜きする。2.鍋に豚骨と水を入れ、半量の黒砂糖と赤味噌を加え軟らかくなるまで煮込む。
3.野菜を大きめに切り、軟らかく下茹でし、2に入れる。野菜が軟らかくなったら残りの黒砂糖、赤味噌を入れ、焼酎、醤油を加え弱火で煮込む。
4.器に盛り付け、針生姜を散らす。

さつま揚げ

材料(1人分)
・魚のすり身 :60g
・木綿豆腐  :40g
・塩     :0.5 g
・片栗粉   :6g
・料理酒   :5g
・砂糖    :5g
・薄口醤油  :4g
・揚げ油   :適量

作り方

1.すり身は粘りが出るまでよく擦る。
(すり身はお好みの魚で大丈夫です。すり身が味付きの場合、調味料は調整してください。)
2.豆腐は絞ってほぐし、1に加えて滑らかになるまで擦る。
3.2に砂糖を入れ、片栗粉を少しずつ加えながらすり込み、醤油・酒を入れる。最後に塩を入れて混ぜる。
4.3を棒状や小判型などにまとめ、中温で熱した油で揚げる。

鶏の甘辛揚げ(2022年6月24日)

当院では食事の提供と併用して『食事改善チーム』を結成しておりますが、日々の食事改善はもちろん、新メニューの導入についても活動内容の一つです。そこで、今回は新メニューの紹介をしたいと思います。

【材料/1人分】

・鶏もも肉     80g
・しめじ      15g
・ごぼう      15g
・赤ピーマン    20g
・枝豆        7g
・片栗粉       8g
・揚げ油      適量

A濃口醤油5g
みりん2g
砂糖1g
2g

【作り方】

  1. 鶏もも肉は一口大に切り、ごぼうはささがきに切り水にさらす。枝豆は茹でてさやから出しておく。
  2. ごぼうの水気をペーパータオルでしっかり拭き、しめじは石づきを取り手でさく。
  3. 鶏もも肉、ごぼう、しめじに片栗粉をまぶす。赤ピーマンはヘタと種を取り、食べやすい大きさに切る。
  4. Aの調味料を合わせて加熱する。
  5. 3.の食材をそれぞれ揚げ、油をしっかり切り4.と合わせる。
  6. 枝豆を加え混ぜ合わせ、お皿に盛り完成。

他に、茄子や人参、玉ねぎなどお好みの野菜でもアレンジすることが出来ます。
また少しさっぱり食べたい時はお酢を加えても美味しく食べられます。ぜひ、ご家庭でお試しください。
※当院では常菜のみの提供となります。

節分(2022年2月3日)

 節分とは、春夏秋冬の季節の変わり目を指し、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを言います。節分は1年に4回ありますが、中でも春は新年の始まりでもあることから、冬から春の「節分」が重視されるようになりました。

 豆まきや柊鰯で邪気を払ったり、近年ではその年の縁起の良い方角を向いて食べるとよいとされる恵方巻も節分の行事食の一部となっています。

 当院での節分の行事食では鰯の梅煮と卵ボーロを提供しました。本来は炒った大豆を準備するところですが、硬い大豆は噛みにくさを感じる方もおられ、また誤嚥・窒息といった事故防止の観点から口溶けのよい卵ボーロを使用しました。

参考資料:暦生活ホームページ

行事食献立を提供しています(2021年12月28日)

 当院では、祝日や二十四節気を中心に行事食献立を提供しています。

令和3年は12月22日が冬至でした。冬至は1年の中で昼の長さが1番短くなる日です。日本ではかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりする習慣があります。小豆粥を食べる地域もあるそうです。そのほか、「ん」のつく食べ物を食べると運気が上昇するという言い伝えも。“にんじん” “きんかん” “うどん”、かぼちゃも漢字で書くと「南瓜(なんきん)」なので、「ん」が2つ付く食材です。

今年の冬至には、かぼちゃのいとこ煮と、柚子を使用したまんじゅうを行事食として提供しました。入院生活では食事を楽しみにされている方もおられるので、普段と少し違った食事で季節の変化を感じてもらえればと思います。

冬至の日の献立 

・ごはん
・あなごの天ぷら
・南瓜のいとこ煮
・かぶの三杯酢 
・冬柚香(饅頭)