栄養科

目次

医師の指示に基づいて、患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。

目次

栄養科紹介

栄養科 モットー

栄養科では『楽しく☆ おいしく☆ 美しく☆』をモットーに職員一同勤務しております。

スタッフ紹介

以下のスタッフで、病院の食事(朝、昼、夕)の準備、栄養指導等を行っています。

資格取得

管理栄養士や栄養士の資格だけでなくいろいろな資格取得を行っています。

調理場での心がけ

  1. 衛生的に・・・限られた施設設備で大量調理マニュアルに基づいた衛生管理を
  2. 迅速に・・・限られた時間内で体力の可能な限り
  3. 美味しく・・・限られたコストの中で全ての方の舌を満たすように

入院中の食事

医師の指示に基づいて、患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。
【食 種】一般食、高血圧食、低残渣食、糖尿病食、潰瘍食、胃術後食、膵臓食、肝臓食、腎臓食、ネフローゼ食、透析食、吐血後食など

適時適温給食

朝食 8時、 昼食12時、 夕食18時
温冷配膳車を使用して食事を提供しております。

個別対応食

食欲不振や摂食状況に問題のある方、病態により厳密な栄養管理が必要な方に対し、少しでも喫食量が増え、治療に寄与できるよう、可能な範囲で個別に対応します。
ご飯をパンやおむすびに、おかずを刻む、ミキサーにかけるなどの形態も考慮します。飲み物やゼリーなどの栄養補助食品も常備しています。

行事食

正月、こどもの日、海の日、敬老の日、体育の日などの祝祭日に加え、節分、雛祭り、七夕、土用の丑、冬至など季節に合わせて行事食を実施しています。

産褥食

出産される方へ、産褥食・祝い膳・出産祝いケーキをお出ししております。詳しくは、お産のご案内をご参照ください。

外来透析食

外来透析を受けられる患者様で、希望のある方には昼食を提供しています。詳細は透析室にお問い合わせ下さい。

自助食器の対応

脳外科病棟では、脳梗塞等による後遺症などで手の不自由な方に、リハビリの一貫として、すべりにくく、すくいやすい食器で食事を提供しています。

地産地消

地元の食材を積極的に給食で使用しております。

栄養指導

管理栄養士が医師の指示に基づき、栄養指導及び食事相談を行なっています。
また、入院中や外来通院中に食事について指導、相談の希望がある際は、主治医にお申し込み下さい。

個人指導(要予約)

糖尿病、腎臓病、肝臓病、肥満、術後など一人一人の病態に応じた食事療法の指導を行なっています。

【入院・外来ともに東館1階の栄養指導室にて行っております。また、入院時は病棟でも指導可能です。】

予約方法・・・入院中は病棟看護師へ、外来では受診時に主治医へご相談下さい。

集団指導

院内で開催されている教室(勉強会)等において、栄養科が担当で講義を行っています。月によって開催日が変わりますので、詳細については各外来へお尋ねください。

特定保健指導

特定保健指導の一貫として、動機付支援・積極的支援を行っております。

栄養科のできごと

栄養科の行っている行事や参加した行事など活動報告をお知らせいたします。

スチームコンベクションオーブンが新しくなりました!(2019年1月30日)

 大量調理には欠かせないスチームコンベクションオーブン。当院では大小2台のオーブンを使って、毎日の給食づくりにフル活用しています。焼く・炒める・煮る・揚げる・蒸すなど様々な調理が可能なので、今や当院の給食づくりには必要不可欠な調理機器になっています。平成17年の調理場の移転改築時から1日の休みもなく早朝から夜まで給食のために働き続けてきたオーブン、幾度となくけがや故障に悩まされながらもここまで働くことが出来ました。このたび長年の功績をたたえるとともに、新たなオーブンの健闘を願って現役を引退することになりました。新しいオーブンに変わって心機一転、より一層美味しい給食づくりに貢献してくれると思います。

スチームコンベクションオーブン スチームコンベクションオーブン

世界糖尿病デー&実りの会(糖尿病患者会)イベントを実施しました

 毎年11月14日は世界糖尿病デーです。当院でもこの日に合わせて患者会のイベントを実施しました。今回のテーマは「血糖変動を考えよう~食後高血糖について~」でした。  管理栄養士からの話としては「食後高血糖について考えよう」と題し、炭水化物とは何か、栄養成分表示の見方、血糖コントロールのポイント、などについてお話をしました。  昼食には、きのこやお酢を使用したおかずの入った約500kcalのお弁当と、手作りのデザートを提供しました。デザートは小麦粉を使用しない低糖質ケーキと、砂糖の代わりに人工甘味料を使用した寒天とフルーツの盛り合わせの2種類から選べるようにしました。どちらも好評で参加者の方に喜んでいただくことができました。
 これから忘年会やクリスマス、お正月など、人が集まりごちそうを食べる機会が増える季節になります。暴飲暴食には気を付けたいですね。

☆低糖質ケーキの作り方☆
 材料(角型20×15cm 1枚分=14個分)
 卵黄M3個分
 卵白M2個分
 グラニュー糖15g
 純ココア25g
 マービー(粉)35g
 生クリーム7ml
 マービー(粉)15g
 果物適量
  
 1個あたり 約68kcal 
  
作り方 
①ボウルに卵黄とマービー20gを入れ、ハンドミキサー(中速)で白っぽくなるまで泡立てる。
②別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサー(中速)でほぐす。
ミキサーを高速にして泡立て白っぽくなってきたらグラニュー糖と残りのマービーのうちの1/3量を加えて泡立てる。続けて残りのグラニュー糖とマービーを2回に分けて加え、角がピンと立つ手前くらいまでしっかりと泡立てる。
③②のメレンゲに①を2回に分けて加え、泡立て器で混ぜる。全体が完全に混ざる前にココアを3回に分けて加えて混ぜ、 最後にゴムべらで全体を均一にさっくりと混ぜる。
④オーブンシートを敷いた天板に③を流し入れ、カードで表面をならす。
⑤170℃に余熱したオーブンで約12分焼く。焼き上がったら天板から取り出して網などに乗せて側面のオーブンシートを はがし、そのまま冷ます。
⑥冷めたらオーブンシートをはがして切り分け、泡立てたクリームを塗って果物を乗せる。

鹿児島県の郷土料理を提供しました(2018年10月)

当院では全厚連栄養士協議会主催のもと、給食で全国の郷土料理を紹介する取り組みを行っています。この取り組みでは全国の厚生連関連病院で同じ日に同じ献立を提供しています。平成30年9月21日には鹿児島県の郷土料理である「さつま汁」を提供しました。
  鹿児島県では島津時代に闘鶏を開催し、さつまの志気を高める習わしがありました。
さつま汁は闘鶏で負けた鶏を味噌汁にしたのが始まりといわれています。
  患者様からは、おいしかった、全国の郷土料理が食べられて良いことだと思うなどの感想をいただきました。
  食事が入院中の楽しみとなるよう、2ヶ月に1回ではありますが今後も取り組んでいきたいと思っています。次回は11月に実施の予定です。どの地域の郷土料理でしょうか、お楽しみに。

材料(4人分)
  ・鶏もも肉40g・えのき茸80g
  ・大根120g・干ししいたけ4g
  ・人参40g・葉ねぎ8g
  ・ごぼう80g・みそ大さじ2強(40g)
  ・こんにゃく80g・出し汁適量
  ・さつまいも120g  
 ☆野菜はどんな野菜でも良いです。さつまいもではなく里芋を用いることもあるようです。
 
 作り方
1,鶏肉は一口大に切る。
2,大根、人参、さつまいもは1cm厚さのいちょう切り、ごぼうはささがきにする。
3,えのき茸は半分に切る。
4,こんにゃくは下茹でし、短冊切りにする。
5,干ししいたけは水で戻し、千切りにする。
6,葉ねぎは小口切りにする。
7,鍋に1~5と出し汁を入れて煮る。
8,材料に火が通ったら味噌を溶き入れ、味を調える。
9,器に盛りつけ、6を入れる。
 
 ※病院給食での提供の都合上、当日は一部食材を変更して提供しました

みのりの会のイベントを行いました(2018年6月)

6月2日(土)、糖尿病患者会「みのりの会」のイベントを行いました。
今回は「糖尿病と認知症」をテーマとし、糖尿病と認知症の関係や認知症予防のための運動についてのお話がありました。
栄養科からは「糖尿病食事療法と認知症予防」と題し、認知症と食事の関係についてお話しました。カロリーの摂りすぎや野菜不足、偏った食事は認知機能の低下を早めると言われています。また、塩分の摂りすぎは血管がもろくなる原因となって脳血管障害のリスクを高めるとされています。そのため、適正カロリーを守り、野菜を中心に薄味のバランスよい食事を目指すことが認知症予防の基本となると言えます。このような食事は血糖コントロールを良好に保つための基本の食事でもあるので、“認知症予防のための特別な食事を!”と身構えず、普段の食事を見直すことが大切です。
食事のバランスの他に、認知症に良いと言われている栄養素や食品についても紹介しました。テレビや雑誌などで紹介されているものには効果的な栄養素が含まれていますが、血糖値やそのほかの病気が気になる方ではそれらの食品の食べ方や食べる量に注意が必要な場合がありますので、自分に合った情報を得て活用することが大切です。

認知症予防におすすめの栄養素と代表的な食品例
おすすめ栄養素代表的な食品例
オメガ3脂肪酸サバ缶、まぐろのトロ、
(DHA、EPA、αリノレン酸)アマニ油、チアシード
抗酸化成分トマト、アボカド、
(ポリフェノール、ビタミンC・Eなど)ターメリック、玉ねぎ
葉酸枝豆、モロヘイヤ、緑茶、ブロッコリー
トリプトファン卵、豚肉、ヨーグルト、ナッツ

イベント当日は約500kcalのお弁当も準備しました。普段お弁当を購入して食べる場合の目安にできるよう、今回は特別に献立を考えたものではなく一般的なお弁当を用いました。参加者からは、お弁当を買う時はこんな内容や量のものを選んだら良いのね、といった声も聞かれました。

新潟県の郷土料理を提供しました

当院では、全厚連栄養士協議会主催のもと給食で郷土料理を提供する取り組みを行っています。全国の厚生連関連病院施設で同じ日に同じ献立を提供するもので平成29年3月10日は新潟県の郷土料理である「タレかつ」を提供しました。
正式には「タレかつ丼」なのですが、お粥の方もおられるため丼ぶりではなく大皿でとんかつを提供しました。
郷土料理である「新潟タレかつ丼」は炊きたての新潟米と甘辛いとんかつだけのシンプルな丼ですが、この二つの相性はとてもよく、余計なものが一切添えられない「潔さ」が最大の特徴です。
今回当院では国産の豚ヒレ肉を使用して作りました。食事のアンケートも一緒に行いましたが美味しかったという意見が多数あり、また他の郷土料理も食べたいという意見も頂きました。
全国厚生連による全国統一献立の日は不定期の開催ではありますが、今後も積極的に取り組んでいきたいと思います。

香川県の郷土料理を提供しました

当院では、全国の郷土料理を紹介する取り組みを全国厚生連栄養士協議会主催のもと行っています。今回は1月29日(金)に香川県の郷土料理『まんばのけんちゃん』を提供しました。まんばとは香川県を中心に栽培される高菜の一種で一株からたくさんの葉がとれるので「万葉(まんば)」と呼ばれます。「けんちゃん」とは豆腐を入れて炒め煮にしたもので「けんちん」がなまって「けんちゃん」になったそうです。
山口県では、まんばが手に入らないため代わりに小松菜を使って作りました。
患者さまからはまた郷土料理を取り入れてほしいという意見を数多く頂き好評でした。

みのりの会のイベントを行いました

10月14日(水)みのりの会(糖尿病患者会)のイベントを行い、多くの方に参加していただきました。
今回はおいしい秋の味覚の時期であったことから、食べ過ぎ注意のお話と食後の軽い運動についての紹介を行いました。果物の適量を当てるゲームや座っても出来る体操などもあり、有意義な時間を過ごしていただけたのではないかと思います。また、食事の時間は患者様の交流の場ともなっており、生活の工夫を聞かれたり励ましあっておられました。
昼食は地域のお弁当業者に協力していただきました。糖尿病の方でも安心して食べられるお弁当を提供するために、野菜類を増やして香辛料や酸味など様々な調味料を利用した、低カロリーで減塩の内容にいたしました。

メニュー

500kcal/約5.6単位、塩分2.0g

当院では糖尿病のイベントに限らず様々なイベントを行っています。ポスターやHPでも案内しておりますので興味のある方はぜひご参加ください。

みのりの会のイベントを行いました

6月12日(日)みのりの会(糖尿病患者会)のイベントを行いました。小雨の降る中の会となりましたが、多くの患者様に参加していただきました。
今回のテーマは『食事療法の基本と、日頃の実践を振り返ろう』と題して、食事療法の基本の「キ」についてお話ししました。また、人工甘味料を使って作った牛乳寒天の食べ比べをしてもらい甘味料の違いを体験していただきました。その他にもカロリー当てゲームや座って出来る体操などもあり、有意義な時間を過ごしていただけたのではないかと思います。
昼食は、病院の食事と同じメニューを提供しました。

メニュー

485kcal/約6単位、塩分2.2g

煮しめには砂糖を使わずだしを効かせて味付けしました。大皿にはしょうがを使い、ドレッシング和えにはマスタードを利用し減塩に繋がる工夫をしました。みなさん美味しく召し上がってくださいました。
当院では糖尿病のイベントに限らず様々なイベントを行っています。ポスターやHPでも案内しておりますので興味のある方はぜひご参加ください。

病院給食の紹介

病院が提供している給食の紹介や料理の紹介を行っています。

今回のご紹介

当院では、昨年より全厚連栄養士協議会主催のもと給食で郷土料理を提供する取り組みを始めております。全国の厚生連関連病院施設で同じ日に同じ献立を提供するもので、平成27年11月13日は香川県の郷土料理である「讃岐のしっぽくうどん」を提供しました。

【讃岐のしっぽくうどん】
しっぽくうどんは讃岐の秋冬の代表的な郷土料理で、大変親しまれている料理です。野良仕事から一足先に帰った主婦が、手早く作る汁物として考えられ、数種の野菜を一度に煮込んで、茹でたうどんの上から煮た野菜の具をかける料理です。

当院では地元の野菜を使用し、なるべく多くの患者様に対応出来るよう食材や具の大きさにアレンジを加えました。食事のアンケートも一緒に行いましたが、日頃の病院食にはない内容で患者様にもご好評をいただきました。
全国厚生連による全国統一献立の日は不定期の開催となりますが、積極的に取り組んでいきたいと考えております。