栄養科

目次

医師の指示に基づいて、患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。

目次

栄養科紹介

栄養科 モットー

栄養科では『楽しく☆ おいしく☆ 美しく☆』をモットーに職員一同勤務しております。

スタッフ紹介

以下のスタッフで、病院の食事(朝、昼、夕)の準備、栄養指導等を行っています。

資格取得

管理栄養士や栄養士の資格だけでなくいろいろな資格取得を行っています。

調理場での心がけ

  1. 衛生的に・・・限られた施設設備で大量調理マニュアルに基づいた衛生管理を
  2. 迅速に・・・限られた時間内で体力の可能な限り
  3. 美味しく・・・限られたコストの中で全ての方の舌を満たすように

入院中の食事

医師の指示に基づいて、患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。
【食 種】一般食、高血圧食、低残渣食、糖尿病食、潰瘍食、胃術後食、膵臓食、肝臓食、腎臓食、ネフローゼ食、透析食、吐血後食など

適時適温給食

朝食 8時、 昼食12時、 夕食18時
温冷配膳車を使用して食事を提供しております。

個別対応食

食欲不振や摂食状況に問題のある方、病態により厳密な栄養管理が必要な方に対し、少しでも喫食量が増え、治療に寄与できるよう、可能な範囲で個別に対応します。
ご飯をパンやおむすびに、おかずをやわらかくしたり、ミキサーにかけるなどの形態も考慮します。飲み物やゼリーなどの栄養補助食品も常備しています。

行事食

正月、こどもの日、海の日、敬老の日、体育の日などの祝祭日に加え、節分、雛祭り、七夕、土用の丑、冬至など季節に合わせて行事食を実施しています。

産褥食

出産された方へ、産褥食・祝い膳・出産祝いケーキをお出ししております。詳しくは、お産のご案内をご参照ください。

外来透析食

外来透析を受けられる患者様で、希望のある方には昼食を提供しています。詳細は透析室にお問い合わせ下さい。

自助食器の対応

脳梗塞等による後遺症などで手の不自由な方に、リハビリの一貫として、すべりにくく、すくいやすい食器で食事を提供しています。

地産地消

給食では地元の食材をも取り入れています。

栄養指導

管理栄養士が医師の指示に基づき、栄養指導及び食事相談を行なっています。
また、入院中や外来通院中に食事について指導、相談の希望がある際は、主治医にお申し込み下さい。

個人指導(要予約)

糖尿病、腎臓病、肝臓病、肥満、術後など一人一人の病態に応じた食事療法の指導を行なっています。

【入院・外来ともに東館1階の栄養指導室にて行っております。また、入院時は病棟でも指導可能です。】

予約方法・・・入院中は病棟看護師へ、外来では受診時に主治医へご相談下さい。

集団指導

院内で開催されている教室(勉強会)等において、栄養科が担当で講義を行っています。月によって開催日が変わりますので、詳細については各外来へお尋ねください。

特定保健指導

特定保健指導の一貫として、動機付支援・積極的支援を行っております。

栄養科のできごと

栄養科の行っている行事や参加した行事など活動報告をお知らせいたします。

富山県の郷土料理 いとこ煮・ゆうびす(2021年7月)

 当院では、全国の郷土料理を紹介する取り組みを全厚連栄養士協議会主催のもと行っており、全国の厚生連病院で同じ日に“全国統一献立”として提供しています。今回は富山県の郷土料理である「いとこ煮」と「ゆうびす」を提供しました。

 富山県は真宗王国と呼ばれるほど浄土真宗が大変盛んな地域で、富山県西部では報恩講を「ほんこさま」と親しみを込めて呼んでいます。寺院または一般家庭の仏壇の前で、僧侶の唱えるお経に耳を傾け、法要の後には「おとき」と呼ばれる精進料理をいただきます。いとこ煮は伝統料理として今も受け継がれています。いとこ煮の語源は様々ありますが、いろいろな食材が親戚・家族のように入っているからとも言われています。

今回提供した富山県のいとこ煮は味噌仕立てです。山口県でも萩地域の郷土料理に「いとこ煮」がありますが、こちらは昆布だしの効いた塩味のすまし汁です。その他、山形県や北陸地域、奈良県でも「いとこ煮」が食べられているようです。同じ料理名でも地域により食材や味付けが異なっています。

ゆうびすも富山県の郷土料理です。源平時代に生まれた料理で、夏の暑い日や食欲がない時などに冷やしておやつ代わりに食べられていたそうです。生姜が効いて食べやすい料理です。

 

富山県のいとこ煮

材料(1人分)作り方
・大根25g① 小豆は軟らかく煮る。
② 油揚げは湯通ししてさいの目に切る。大根、人参、里芋は
  いちょう切りにする。ごぼうはささがきにしておく。
③ 鍋にだし汁を入れ、②と③を入れて軟らかく煮る。
④ ①の小豆を加えて煮て味噌で味付けする。

・人参10g
・里芋25g
・ごぼう10g
・油揚げ10g
・小豆20g
・だし汁1カップ
・味噌適量

  ゆうびす

材料(4人分)作り方
・寒天1/2本① 寒天は洗って分量の水に入れて戻し、火にかけて煮溶かす。
② 寒天が煮溶けたら、分量の調味料を入れて、溶き卵と
  生姜の絞り汁を入れて火を止める。
③ 粗熱をとって流し箱に入れて冷やし固める。
④ 固まったら適当な大きさに切り、器に盛りつける。
・卵1個  
・生姜(絞り汁)適量 
・しょうゆ大さじ2 
・砂糖小さじ2
・水200cc 

給食として提供した際には一部内容を変更しました。

 

科内でのチーム活動を行っています(2021年5月)

 栄養科では安心・安全な食事を提供するために日々業務に取り組んでいます。病院での食事は一般食をはじめ、患者様の体調や病状に応じた治療食や個別対応食を提供しています。

 食事の提供と平行して、栄養科では「食事改善チーム」を結成して活動を行っています。チームメンバーは管理栄養士と調理員ぞれぞれの代表者から構成されています。主な活動内容は既存メニューの改善や調理・盛り付けの工夫、新メニューの導入です。栄養面・調理作業面の両方から現状を改善できるよう検討しています。これまで“当たり前”に行っていた内容を変えることは容易ではなく、また限られた作業時間での活動は大変ではありますが、より良い食事提供のために取り組んでいきたいと思います。

 ある日突然、これまでの病院食が全くの別物に変わる!という変化は難しいですが、一歩一歩の取り組みを積み重ねていきたいと思います。入院中実際に召し上がられる患者さんからのご意見も活動のための貴重なものとなります。ご協力よろしくお願いいたします。

秋田県の郷土料理 稲庭うどん(2020年5月)

 当院では全国の郷土料理を紹介する取り組みを、全国厚生連栄養士協議会主催のもと行っております。5月15日は秋田県の「稲庭うどん」を提供しました。

 「稲庭うどん」は秋田県南部の手延べ製法による干しうどんで、日本三大うどんの一つです。うどんというよりそうめんに近く、打ち粉としてデンプンを使う点や平べったい形状が特徴です。独特の製法により茹で上がりが早く、コシが強く非常にのどごしが良い麺です。

 稲庭うどんのルーツには諸説ありますが、藩政時代より秋田藩の名品として御用達になり各藩への贈答品に使われていました。各地に伝わるふるさとの味として、2007年に農林水産省により「農山漁村の郷土料理百選」として選ばれました。

 今回はつゆをかけ、温かい稲庭うどんを提供しました。お好みに応じて暑い時期はざるうどんでもおいしくお召し上がりいただけます。

 コロナ禍の中、遠方への外出や旅行はもうしばらく叶わないこともあるかと思いますが、全国の名産品のお取り寄せや、各地域に伝わる郷土料理を作ってみて“旅行気分”を味わってみるのもよいかもしれませんね。

全国の郷土料理を提供しています(2020年3月)

 当院では全国にある厚生連病院とのつながりを活かし、定期的に全国の郷土料理を提供する取り組みを行っています。この取り組みでは全国の厚生連関連病院で同じ日に“全国統一献立”として提供しています。

 今回は岐阜県の郷土料理『けいちゃん』を提供しました。岐阜県の飛騨地方を中心とした山間部は、古くから豆味噌を各家庭で作り味噌を調味料として料理することが多いところです。けいちゃんは各家庭で鶏を飼育し、卵を産まなくなくなった廃鶏を味噌だれにつけ込んで料理したことが始まりといわれています。

 豆板醤がよいアクセントになり、鶏肉と野菜がおいしくいただける料理です。

材料(1人分)
 鶏もも肉(皮なし)
 キャベツ
 玉ねぎ
 人参
 ピーマン
 油
50g
30g
10g
  5g
10g
  3g
★ にんにく
★ 赤味噌
★ みりん
★ 豆板醤
★ 濃口しょうゆ 
★ 酒
0.2g
   5g
   1g
   1g
   1g
   1g
・このほか季節の野菜を使用するのもよいでしょう
・病院給食での提供の都合上、当日は一部食材を変更して提供しました

作り方