診療情報管理課

診療情報管理課とは

診療情報管理課は当初医事課の病歴室という位置付けでしたが、今後も業務が多岐にわたることが見込まれ、平成17年に独立した部署となりました。とはいっても、課長(医事課長兼)1名、常勤3名・パート1名の小さな部署です。診療情報管理課はその名のごとく、診療に関する「物」としての情報と「データ」としての情報を管理しています。

主な業務内容

  1. 診療記録の保管管理
    患者様の入院・外来カルテをすぐに取り出せるように保管・管理をしています。
  2. 医療情報活用の手助け(主に診療や研究)
  3. 統計資料作成による経営・医療部門への情報提供
    カルテに記載されている病名等の医療情報を国際疾病分類(ICD-10)のルールに則ってコード化し、データベースを作成します。必要に応じてデータベースから情報を抽出し、医療部門・経営部門に情報提供をおこないます。
  4. 院内がん登録
    がん登録とは、がんの部位や腫瘍の拡がり等を表すTNM分類・ステージ・治療情報・生存期間等をデータベース化した物です。当院はがん診療連携拠点病院に指定されています。指定要件の1つにがん登録があり、登録されたデータは国や県のがん対策にも使用されています。
  5. DPC
    医事課紹介にもDPCという言葉は出てきたと思いますが、DPCは今までの出来高請求と違い、最も医療資源を投入した病名を国際疾病分類(ICD―10)でコード化したものが基礎となって、患者様への請求金額が決まります。平成21年度より当院はDPC請求病院になりました。今までの業務で培ってきたICD-10の知識を生かし、医事課の保険請求業務をバックアップしています。             等々業務内容をご覧になれば解るように、決して派手(?)な部署ではありません。また部署の業務内容・地理的条件からも患者様・職員ですら接することはあまり多くありません。しかし、病院のなかのまさに「縁の下の力持ち」として、影ながら診療等が円滑に進むよう手助けを行なっています。

がん登録件数

「院内がん登録」について
院内がん登録は、病院内で「がん」と診断された全ての患者さんについての情報(いつ、どこに、どんながんが出来て、そのがんに
対してどのような治療をしたか)を登録する仕組です。

当院では2005 年12 月より標準化された定義(「院内がん登録標準登録様式2006 年版修正版」)に則って「院内がん登録」を開始、また2016 年1 月より「がん登録等の推進に関する関する法律(平成25 年法律第111 号)」に従い、国立がん研究センターより認定を受けたスタッフが引き続き登録業務を行っています。

院内がん登録 部位別登録件数

部 位 名2015年2016年2017年2018年2019年
口腔・咽頭
食道1313121610
10267868293
結腸74929192106
直腸3745323236
肝臓3331363533
胆嚢・胆管2620131420
膵臓1522211628
喉頭
4744494250
骨・軟骨
皮膚(黒色腫を含む)
乳房5351447469
子宮頸部101110
子宮体部
卵巣
前立腺1199210610691
膀胱4848454627
腎・他の尿路2127152013
脳・中枢神経系111117
甲状腺 
悪性リンパ腫2120162427
多発性骨髄腫10
白血病12
他の造血器腫瘍151818
カルチノイド
GIST
その他1413141615
合計686652669694709

※症例数が 10 件未満の場合、非表示としております