薬剤科

薬剤科長挨拶

当院は柳井市にある360床の急性期病院です。二次救急病院、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、臨床研修病院、災害医療拠点病院に指定されており、柳井医療圏の基幹病院として地域の医療を支えています。
薬剤科の業務は調剤業務、抗がん剤無菌調製業務、医薬品管理、麻薬管理、病棟薬剤業務及び薬剤管理指導業務、薬物血中濃度モニタリング(TDM)など多岐に渡っており、チーム医療の一員として感染対策チーム(ICT)、緩和ケアチーム、糖尿病チーム等にも薬のスペシャリストとして参加し職能を発揮しています。
他職種との連携を大切にしている病院ですので、病院全体の雰囲気も良くアットホームな職場です。
JA山口厚生連は3病院(周東総合病院、長門総合病院、小郡第一総合病院)ありますので、各病院だけでなく3病院が連携して研修や行事が行われるのも特徴です。

薬剤科紹介

薬剤科人員

平成 29年1月現在

薬剤師  11名

薬剤助手 2名

年度別処方箋枚数等

 平成29年度
外来処方箋(1日平均枚数)309.5枚
院外処方発行率86.70%
入院処方箋(1日平均枚数)137.3枚
外来注射箋(1日平均枚数)67.1枚
入院注射箋(1日平均枚数)212.2枚
抗がん剤無菌調整件数7.1件
実習受け入れ平成29年度
I期2人
Ⅱ期2人
Ⅲ期0人

薬の豆知識

薬の効果は、規則正しく決められた量を正しく飲んで、初めて効果が現れます。そこで、一般的な薬の正しい飲み方について説明します。  薬を飲むときは、多めの水(約コップ1杯)で飲んで下さい。少ない水で飲むと薬が溶けにくく、薬の効果が十分に現れないばかりか、食道にくっついてその所が刺激され、潰瘍ができることもあります。また牛乳で飲むと、薬によっては薬の成分と化合し、効果が少なくなるものもあります。

薬の飲み方で、食前、食後、食間(食後2時間)などの飲む時間の違いは、薬の作用が最も効果的に現れるように、各々の薬によって異なっています。