ホーム

院長挨拶

病院案内

診療案内

部署案内

看護部

地域医療連携

健康管理センター

アクセス

地域医療との連携

ホーム深呼吸>最新号

最新号

2017年12月号


-289 2017.12-
目次

1.トピックス1 ●地域の皆様への「感謝の舞」
 〜柳井まつりに参加して〜
2.トピックス2 ●年末年始外来休診日のお知らせ
3.健康シリーズ(263) ●胃食道逆流症(GERD)について
4.トピックス3 ●第121回 健康講座を開催します!
5.栄養小話 ●減塩調味料を美味しく使おう
6.くすりのはなし ●インフルエンザについて
7.看護通信 ●おたふくかぜで336人難聴
 予防接種忘れていませんか?
8.放射線技術科だより ●第一種作業環境測定士(放射性物質)の取得
9.健康相談室だより ●第29回「たんぽぽの会」開催のご案内
〜がん患者及びご家族の仲間作りの場〜
10.トピックス4 ●介護保険教室のご案内
11.編集の窓


トピックス1・・・地域の皆様への「感謝の舞」〜柳井まつりに参加して〜


 毎年11月23日の祝日に秋の収穫に感謝して開催される柳井の秋祭りがあります。最大の見どころである「花傘おどり」に昨年から周東総合病院も参加させていただいています。
 今年は着物を新調し、艶やかな姿で花傘の鈴の音を響かせながら、麗都路通りを華麗に舞うことが出来ました。藤澤副院長を先頭に看護師・看護助手・栄養士・理学療法士と多職種25名のスタッフが息を合わせ約1時間半を踊り切ることが出来ました。
 沿道にはたくさんの観衆がおられ、職員や家族、中には患者様のお顔も見られ、恥ずかしさや「踊りを失敗しないだろうか」と不安や緊張感でいっぱいでしたが、踊りが始まると皆笑顔で無事に踊りこなすことができ、終わった時の笑顔は何とも言えない達成感でいっぱいでした。
 柳井まつりへの参加を通じて、地域の皆様に心から親しまれ、信頼され、愛される病院になっていければと思います。
 最後に、柳井まつりにご支援ご協力をいただきました関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。
トップページへ

トピックス2・・・年末年始外来休診日のお知らせ


<<年末休診>>
  12月30日(土)、31日(日)
<<年始休診>>
   1月1日(月)、2日(火)、3日(水)
 ※定期のお薬が無くなる方体調が気になる方は休みに入る前に早めに受診していただくようお願い申し上げます。
  
トップページへ


健康シリーズ(263)・・・胃食道逆流症(GERD)について

--- 内視鏡室部長 小沢 博和 ---

 
 胃液が食道に逆流することによって生じる「胃食道逆流症(GERD)」は増えており、日本人の約10%にも見られると考えられています。いわゆる「胸焼け」を生じる状態で、食べ過ぎや飲み過ぎで経験された方も多いかと思われます。非常に不快な症状であり、生活習慣の改善(暴飲・暴食を避ける、脂っこいものや甘いものの過食を避ける、遅い時間の夕食を避けるなど)が基本的な予防策となります。症状が続く方は、内視鏡検査(胃カメラ)を受けていただき、胃食道逆流症と診断された場合は、胃薬(胃酸分泌抑制薬)で劇的な症状の改善が得られることが多いです。
 しかし、なかには胃薬がなかなか効かない方もおり、とくに高齢の女性でよく見られる円背(背中が曲がっている状態)の方に多い傾向にあります。胃や肝臓などのおなかの臓器と心臓や肺などの胸の臓器は横隔膜という膜で仕切られており、その仕切りで胃液が食道へ逆流しづらいようになっています。しかし、背中が大きく曲がった方では、胃の一部が仕切りである横隔膜の隙間から滑り出し、胸の方へ移動していることが多いのです。そのような状態(食道裂孔ヘルニアとよばれます)では、胃と食道の仕切りがないため、食道は長時間にわたり胃液にさらされるようになり、難治性の食道炎(ただれ)やひどい場合には食道に潰瘍(粘膜がえぐれてしまう状態)を形成してしまうことがあります。
 曲がってしまった背中をもとに戻すことはできないため、薬だけの治療では限界があります。先に述べた食生活の改善のほか、就寝時にできるだけ頭を高い位置にするような姿勢を取ることも有用です(寝るときに背中から頭まで複数の枕を入れたり、電動ベッドなどで頭を高くするなど)。また、寝るときは左を下にした姿勢をとることで、胃酸の逆流をある程度防ぐことができます。いろいろな方法を試しても改善がみられず、日常生活に支障を来たすような場合には、逆流を防ぐような手術が必要となることもあります。
 その他にも胃薬が効かないような方では、特殊な食道炎(好酸球性食道炎など)や胃の出口を狭くさせるような病気(癌や潰瘍瘢痕など)の可能性があります。原因を把握するためには、内視鏡検査(胃カメラ)が有用ですので、胸焼けの症状があれば、ぜひとも内視鏡検査を受けてみて下さい。
トップページへ

トピックス3・・・第121回健康講座を開催します



 第121回健康講座を開催します!
  日 時 : 12月26日(火) 午後2時開始
  場 所 : 当院東館7階 講堂
  参加費 : 無料
  内 容 : @ リウマチ疾患について 日常生活で気をつけること(仮題)
           講 師  リウマチケア看護師 西村 咲
         A クリスマスコンサート
           演 奏  柳井高等学校 吹奏楽部

 皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加をお待ちしております。 ※今月は曜日が変更となっておりますのでご注意ください。
トップページへ

栄養小話・・・減塩調味料を美味しく使おう

--- 管理栄養士 阿部 摩耶 ---


 減塩食品とは、通常の同種の食品と比較して、食塩を何割かカットした食品のことです。減塩率20%から30%や50%のもの、だし割りしょうゆや減塩だしもあり、ふだん使っている食品と置き換えるだけで、食塩摂取量を手軽にカットできるメリットがあります。しかし、濃い味に慣れている人には薄く感じることもあります。「そもそも減塩食品はうす味」と認識したうえで、活用するのがよいでしょう。
 減塩率20%くらいなら、通常の食品と味わいはほとんど変わらないので、減塩初心者にも抵抗なく使うことができるでしょう。さらに30%や50%減塩の製品で、物足りないと感じた時は出汁でうま味を補ったり、香味野菜や香辛料の香りを足すと美味しく食べられます。
 <<具体的な使い方>>
 ○減塩しょうゆ
 煮物などに使えば手軽に減塩できます。つけじょうゆとして刺身などに使うときにもの足りない場合は、こんぶや粒ざんしょうを減塩しょうゆに浸して、うま味や香りを移すのがおすすめです。
 ○減塩みそ
 みそ汁では、減塩率20%程度なら味わいはほとんど変わりません。それより減塩率が高いものはうすさが目立ち、もの足りないと感じることもあります。出汁をとることはもちろんですが、ケチャップなどでこくとうま味をプラスするのも効果的です。さらに減塩したい人は、減塩みそと無塩のみそ風調味料を半分ずつ使用する方法もあります。
 ○減塩しお
 ナトリウムの半分をカリウムに置きかえて作った製品や、レモンの酸味で塩味を引き立てた製品などがあります。表面に塩をふると、少量でも塩味を感じるので、減塩しおはもう一味ほしい時の“あとがけ”用に利用するのもおすすめです。粉ざんしょうやカレー粉などで風味をプラスすると、より使用量が減らせます。※カリウム制限のある方はカリウムの含まれていない減塩しおをご使用ください。

参考文献:「栄養と料理」
トップページへ


くすりのはなし・・・インフルエンザについて

--- 薬剤科長 山本 和宜 ---


 みなさん、インフルエンザワクチンの接種は済まされたでしょうか?インフルエンザウイルス感染症の予防の基本はワクチンによる予防です。
 ところが、今年度は医療機関へのワクチン供給量が十分ではなく、まだ接種できていない方もおられるかもしれません。当院でも12月以降、一般外来患者さんのインフルエンザワクチン確保が困難な状況です。各医療機関のワクチン納入状況は差があるため、事前に確認してから受診されることをお勧めします。
 治療薬としては、内服薬のタミフル、吸入薬のイナビル、リレンザ等治療効果の高いお薬がありますが、服用後の異常行動(急に走り出す、ウロウロする等)の報告が相次いであったため、小児・未成年者については、自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が一人にならないよう配慮する等の必要があります。ただし、その後の調査で、インフルエンザ治療薬を服用していなくても、同様な異常行動が確認されており、現在ではインフルエンザ治療薬が原因ではなく、インフルエンザに罹患している小児・未成年者については異常行動に注意が必要と考えられています。
 やはり予防が大切ですので、ワクチン接種、咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること、外出後の手洗い、適度な湿度の保持、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を心掛けてインフルエンザを予防しましょう。
トップページへ

看護通信・・・おたふくかぜで336人難聴 予防接種忘れていませんか?

--- 感染管理認定看護師 田中 宏壮 ---


 9月に耳鼻咽頭科学会で発表された『おたふくかぜ』に伴う合併症についてお話します。『おたふくかぜ』といえば子供がかかる病気で通常1〜2週間で症状は治まります。特別、恐ろしい病気という認識はないですよね。恐ろしいのは合併症で髄膜炎や難聴を起こすことです。今回の調査によると2年間で少なくとも336人が難聴を合併していることが分かりました。難聴となった約8割が日常生活に支障をきたす高度・重度の難聴であり、年齢別では全体の半数が5歳〜10歳の子供でした。
 おたふくかぜはワクチンで防げる病気であり、ワクチンを接種していれば難聴を合併することもなかったといえます。しかし日本でのワクチン接種率は4割程度で毎年多くの感染者が発生しています。なぜ、ワクチン接種がすすまないのでしょうか。理由は「任意接種(有料)」に位置付けられているからです。定期接種ではないため接種費用がかかります。また、「任意の予防接種だから打たなくても大丈夫」といった間違った解釈もあるようです。それぞれ考え方はあると思いますが、難聴になるリスクを回避できるならそれほど高い出費ではありません。
 自分のお子さんやお孫さんを感染から守るために、まだワクチンを接種しておらず罹患していないお子さんにはすぐにワクチンを接種しましょう。
 また、集団免疫という考え方があります。集団においてワクチン接種率が高ければ高いほど感染の広がりを防ぐことができます。基礎疾患等でワクチンが打てないお子さんもいます。そういったお子さんを感染から守るためにも積極的なワクチン接種が必要なのです。
トップページへ

放射線技術科だより・・・第一種作業環境測定士(放射性物質)の取得

--- 診療放射線技師 國政 拓成 ---


 10月25〜26日の2日間、作業環境測定士という国家資格を取得しに東京へ出張に行ってきました。
 作業環境測定士とは、作業環境測定法に基づいて労働作業者の職場環境に存在する有害物質を調査するため、調査計画(デザイン)、試料採取(サンプリング)、分析(測定機器を用いる)を行い、労働作業者の健康を守るための資格です。
 作業環境測定士は大きく分けて有機溶剤、鉱物性粉塵、特定化学物質、金属類、放射性物質の5種類があり、この内の放射性物質の資格を取得しました。
 2日間の講習・実習を行い、最後に試験を受け、つい先日合格通知が届きましたので無事に第一種作業環境測定士(放射性物質)になることができました。
 当院には核医学検査を行う設備があります。この検査で使用する放射性医薬品が検査室内の空気中にどれくらい存在しているかを定期的に調べる必要があります。放射線という目に見えない物理現象について定量化を行い、検査室の汚染状況をデザイン・サンプリング・分析をして、良好な作業環境を整え、維持していくことが私の(作業環境測定士の)役割になります。2日間の講習・実習を通して、改めて作業環境測定士としての自覚を得ることができました。
トップページへ

健康相談室だより・・・第29回「たんぽぽの会」開催のご案内 〜がん患者及びご家族の仲間作りの場〜


 今回の患者会では、実際にがんを体験された方から病を通して感じられた事など、個々の思いをお話していただくことになりました。また、当日は新しく配属された緩和ケア認定看護師も加わって、日々の患者様とのふれあいの中で思うことなどをお話しさせて頂きます。
 がん患者さんのなかには、がんと診断され、一人で色々思い悩み、不安になる方が多くおられます。同じ病を持って生活をしている人のお話を聞くことや、自分の思いを語ることは、自分の気持ちを整理するとともに、不安を少し軽減できることもあります。是非、一度患者会に足を運んでみませんか?この会は、当院の受診の有無に関わらず、参加できます。一人での参加に勇気がいる方は、当院のがん相談支援センターの相談員がサポートいたしますので、申し込みの際に一言ご連絡くださいませ。

【日 時】: 平成29年12月14日(木) 13時30分〜14時30分
              ※受付時間:13時15分〜
【場 所】: 周東総合病院 東館7階 会議室
【講 話】: がん体験をとおして感じたこと他
【講 師】: 当院通院患者 2名
    : 周東総合病院 緩和ケア認定看護師 用傳恵美
   *詳細は院内のポスターをご参照ください。
【茶話会】: 職員を交えて情報交換
【参加費】: 無料
【申込み方法】: 事前準備のために出来ましたら12月8日(金)までにご連絡頂けましたら幸いです。
【申込先】: 周東総合病院 地域医療福祉連携室内がん相談支援センター
         TEL 0820−22-3456(代) たんぽぽの会担当 森山・三浦
 
トップページへ

トピックス4・・・介護保険教室のご案内


 外来通院中の方、入院中の方で次の中で1つでも当てはまる方は是非、当院の介護保険教室に参加してみませんか?
  □ 介護保険のサービスについて知りたい
  □ 自宅で介護をしているが、介護負担を軽減したい
  □ 介護老人保健施設など介護保険の施設に入所したい
  □ 退院後に介護保険のサービスを利用したい
  □ 退院後に介護保険のサービスが使えるか聞いてみたい
  □ 退院後住宅改修を考えている
 ●開催日 平成29年12月20日(水)
 ●時 間 13時30分〜14時
 ●場 所 周東総合病院 南館5階デイルーム
 ●参加費 無料
 ●講 師 周東総合病院 居宅介護支援事業所 中村・森下

【予告】介護劇「介護のつどい」2018年1月20日(土) 場所 アクティブやない
    開会13時30分より 開場12時より
  
トップページへ

・・・編集の窓・・・


 12月は1年で1番夜が長くなりますね。でもいろんな所でクリスマスの飾りがキラキラしていて1年で1番夜が明るくなるような気がします。せっかくなのでどこかにイルミネーションでも見に行きたいなと思っています。
(豊田)
トップページへ


院内広報誌「深呼吸」WEB版
289  2017.12月号



・深呼吸(PDF版)はこちら
トップページへ