ホーム

院長挨拶

病院案内

診療案内

部署案内

看護部

地域医療連携

健康管理センター

アクセス

部署案内

ホーム部署案内>臨床工学科

臨床工学科

臨床工学技士とは

臨床工学技士とは、医師の指示の下で生命維持管理装置の操作及び保守管理を行うことを業務としています。
 当院では、平成12年透析室新規開設に伴い臨床工学技士が1名配置されました。平成15年6月、診療部門の一部門として臨床工学科が独立部門として設置され、現在7名体制で各業務を行なっています。
 病院内では様々な医療機器を使用しており臨床工学技士の業務は多種多様となっています。これからも新しい医療機器が次々と導入されるので業務の幅も広がっていくと思われます。
img


臨床工学科の業務内容

血液浄化業務

<<人工透析センター>>
img img
当院の人工透析センターでは、医師3名と臨床工学技士、看護師が勤務しベッド数28床で月曜日から土曜日の2クールで血液透析を施行しております。

<<急性血液浄化業務>>
img img
当院で施行しているものは、持続緩徐式血液透析濾過(CHDF)、単純血漿交換、血漿吸着療法、顆粒球吸着療法(G−CAP、L−CAP)、エンドトキシン吸着療法(PMX−DHP)があります。

<<腹水濾過濃縮再静注法>>
img
肝疾患などによる腹水貯留に対して腹水濾過濃縮再静注法を施行しています。

人工呼吸管理

img
臨床工学科は院内の人工呼吸器管理を行っています。保守点検も行いますが、患者様に使用中の人工呼吸器の使用中点検を毎朝、理学療法士とチェックしています。

循環器業務

<<心臓カテーテル検査業務>>
img img
心臓カテーテル検査では臨床工学技士はCAG、PCIなどで医師の補助や経皮的心肺補助(PCPS)の操作も行います。

<<心臓ペースメーカー業務>>
img
週に1回(月曜日)に心臓ペースメーカのチェックを行っております。

終夜睡眠ポリソムノグラフィー業務

img
睡眠時無呼吸症候群の検査であるポリソムノグラフィー検査の脳波などセンサー取り付けを行っています。

ME機器管理

img img
現在、輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、低圧持続吸引機、フットポンプの5機種の中央管理を行っており、バーコードを使用して稼働状況や保守管理などのデータ管理を行っています。

img img
除細動器や透析患者監視装置などのME機器の消耗部品の交換なども行っています。

トピックスimg

 近年における心臓カテーテル治療の発展はめざましく、1977年にドイツで始まった亢進症・心筋梗塞に対するカテーテル治療も薬剤溶出性ステントの開発や、様々な治療デバイスの発展により、治療後の再狭窄の発生を抑えながら、安全に、そしてより低侵襲に治療ができるような時代になってきました。始まった当初は、この新参者の治療に賛否両論あったようですが、今では心臓治療の重要な治療方法として確立され、いまだ更なる進化を遂げております。
 この治療は、各スタッフの、より専門的な知識と経験を必要としており、当院では、心臓カテーテル検査・治療において臨床工学技士が、医師の直接介助およびIABPやPCPSなどの心臓補助装置の操作にあたり、その高度医療チームの一翼を担っております。
 今年度、当院ではこの治療で使用する機器のひとつ、PCPS装置の更新をおこないました。PCPSは、重度の狭心症や心筋梗塞の、心臓が低心機能状態・気絶状態にいたった状況において、心臓による血液循環を一時的に補助・代行することで、脳や腎臓などの各臓器へ酸素化された血液を送るための装置です。臨床工学技士はこの装置の術中の導入から術中・術後管理までを一貫して行っており、症例毎にベストを尽くせるよう日々勉強や導入練習、機器点検を実施しております。機器の使用年数も相応となり、新モデルも発売されたことから更新となり、うれしかったのと同時に、いかにもイマドキな液晶タッチパネルや、小型で軽量、そしてモダンなデザインに、思わずきゃっきゃとはしゃいでしまったのはここだけの話です。
 さて、機器も変われば、医療も変わって発展し、当院の臨床工学技士の取り巻く環境も、日々少しずつではありますが、確実に変化し、そして発展してきていることを実感しております。17年前、1名でスタートした臨床工学技士も、現在は7名体制となり、業務の幅も大きく拡がってまいりました。今後とも小さな変化を的確にとらえ、さらなる飛躍のチャンスとなるようスタッフ一同、勤勉に励み、頑張ってまいりたいと思います。
(臨床工学技士  土肥 司)


2017年度 臨床工学科 学会発表・講師・座長

学会発表

・第66回 日本農村医学会学術大会・総会
  平成29年10月5日〜7日 沖縄県
   一般演題 ポスター発表 安本圭亮
    「シャントPTAに対する当院臨床工学技士の関わりと今後の課題」

・第7回 中四国臨床工学会
  平成29年11月25日〜26日 下関市・海峡メッセ下関
   一般演題 口演 安本圭亮
    「VAIVTに対する当院臨床工学技士の関わりと今後の課題」

講師

・YCC2017
  平成29年1月14日 小野田市・山口労災病院
   講義 講師 宮脇光司
    「カテスタッフに必要な心電図」

・山口県臨床工学技士会 第六回ペースメーカ講習会
  平成29年10月8日 山口市・山口県セミナーパーク
   講演2 講師 森川大地
    「植込みデバイス患者管理の実際」

司会・座長

・第7回 中四国臨床工学会
  平成29年11月25日 下関市・海峡メッセ下関
  一般演題、循環器(デバイス・PM) 座長 宮脇光司


業務実績数img

業務内容 平成25年(2013) 平成26年(2014) 平成27年(2015) 平成28年(2016) 平成29年(2017)
血液透析 透析総施行回数 13,844 13,669 14,780 14,016 14,267
新規導入患者数 38 41 35 25 29
年末患者数 91 94 93 93 87
急性血液浄化 CHDF 19 29 14 18 16
PMX−DHP 4 8 3 1 1
血漿交換(Bil吸着を含む) 4 0 0 0 1
腹水濾過濃縮再静注法 4 2 0 3 11
白血球除去療法 0 1 0 0 1
ペースメーカーチェック 288 307 318 330 356
PSG 19 18 28 28 23
自己血回収装置 3 5 5 6 1
PCPS 2 3 2 1 1
 

トップページへ
このサイトをご覧になるには、「Adobe Reader」が必要です。ダウンロードは以下より(無償)
reader