ホーム

院長挨拶

病院案内

診療案内

部署案内

看護部

地域医療連携

健康管理センター

アクセス

診療案内

ホーム診療案内>小児科

小児科 pediatrics

勤務医紹介

脇 和之(小児科副部長)

日本小児科学会専門医

概要

対象:一般小児科疾患の検査、診断、治療、乳児検診、予防接種、育児相談

・感染症、内分泌・代謝疾患、腎臓疾患、呼吸器疾患、消化器疾患、血液疾患、神経・筋疾患、自己免疫疾患等、幅広く診療しています。

・乳児健診等の実施内容は以下のとおりです。(要予約) ※詳細は専門外来一覧表をご覧ください。
  ○乳児健診 毎週月・火・木曜日
  ○予防接種 毎週月・火曜日
  ○慢性疾患外来(アレルギー・内分泌・腎疾患等)  毎週水曜日
  ○神経疾患外来 第1木曜日、第3木曜日(要予約)14時〜16時

・柳井・大島地区の中核病院として、プライマリーケアから二次救急患者まで、小児科一般の疾患の診断治療にあたっています。


トップページへ

外来一覧表

外来診療表 土・日
午 前 一般外来
8:45〜
(7:00〜11:00)
一般外来
8:45〜
(7:00〜11:00)
一般外来
8:45〜
(7:00〜11:00)
一般外来
8:45〜
(7:00〜11:00)
一般外来
8:45〜
(7:00〜11:00)
休診
午 後 乳児健診
(14:00〜14:30)
乳児健診
(14:00〜14:30)
慢性外来
14:00〜16:00
神経外来
第1,3木曜のみ
14:00〜
予防接種
(14:00〜15:30)
予防接種
(14:00〜15:30)
1ヶ月健診
(14:00〜14:30)

   カッコ内の時間は受付時間です。必ず受付時間内にご来院ください。
   初診患者さん(当院小児科の受診歴がない方)は、受診手続きは8:30からとなります。
   小児科は中学生以下の子供さんのうち、明らかな外傷が原因ではない症状(内科的疾患)の場合が
   対象となります。
   午前中の一般外来では、受付時間内であればどなたでもいつでも受診していただけます。

(注意) 午後の外来に受診される方へ
  午後の外来(乳児健診、予防接種、慢性外来、神経外来)は、風邪症状(発熱、咳、鼻水、嘔吐、
  下痢等)がない方のための完全予約制の外来であるため、そのような症状についてのご相談は対応
  しかねます。また、症状のない他のお子様へ感染させる危険性があるため、受診マナーとしてご配
  慮ください。午後の外来に予約受診をされている方で風邪症状などある方は、事前に午前の一般外
  来に受診し、健診や予防接種に予定通り来院してもよいかどうかをご確認ください。


【急患対応について】
  当科では、診療受付時間外では、急病の方への対応はしかねますが、重症度によってはその限りで
  はありません。主に3ヶ月以下の発熱、呼吸障害(呼吸困難な状態、喘息発作等)、意識障害、け
  いれん、脱水症等が疑われる時は対応いたします。急な発熱などで受診をお考えの方は、まず開い
  ている開業小児科医院への受診をしていただき、入院や検査が必要であると判断された場合には、
  紹介受診という形で対応いたします。


トップページへ

慢性外来について

当院の慢性外来で通院治療している主な疾患
  @【気管支喘息】
   気管支喘息ガイドライン(日本小児アレルギー学会)に準拠して、ロイコトリエン受容体拮抗薬や
   ステロイド吸入を積極的に導入し、発作予防を徹底して行います。
  A【アトピー性皮膚炎】
   アトピー性皮膚炎診療ガイドライン(日本アレルギー学会、日本皮膚科学会)に準拠して、保湿剤、
   ステロイド外用剤、タクロリムス外用剤を積極的に導入し、皮膚症状の再燃予防を徹底して行いま
   す。
  B【食物アレルギー】
   問診、血液検査を中心とした診断を行い、余計な食事制限は行わないよう診療いたします。当科で
   は現時点で食物負荷試験は行っておりませんが、適宜必要な患者様には、他院のアレルギー専門
   医に紹介いたします。また、アナフィラキシーの既往がある方では必要に応じてエピネフリン自己
   注射を処方いたします。
  C【内分泌疾患】
   低身長、甲状腺疾患など
  D【糖尿病】
  E【夜尿症】
  F【その他】

慢性外来で通院治療をご希望の方は、まず、通常の午前中の外来に受診していただき、定期通院が
必要と医師が判断した場合に予約いたします。


トップページへ

神経外来について

当科の神経外来では、てんかん患者さまのための外来としております。発達障害の患者さまの外来
としていませんので、その旨ご了承ください。発達障害についてご相談される場合は、通常の午前
中の外来に一度受診していただくか、市町・保健センターが実施している発達クリニックにご相談
ください。


トップページへ

当科で実施できる検査について

当科では以下の検査が可能です。診察医の判断で必要に応じ検査を実施いたします。
  @ 各種血液検査
  A 尿検査
  B 各種迅速抗原検査
   のどや鼻を綿棒でぬぐって、10分前後で迅速に結果が判定できる検査
   a)インフルエンザ
   b)RSウィルス
     保険診療の適応は1歳未満または入院中の方、パリビズマブ製剤の適応の方のみです。
   c)アデノウィルス(咽頭、便、結膜)
   d)溶連菌
   e)マイコプラズマ
   f)ロタウィルス
   g)ノロウィルス
     保険診療の適応は3歳未満または65歳以上、または悪性腫瘍の診断が確定している方、
     臓器移植後の方、抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、または免疫抑制剤効果のある薬剤を服用
     中の方のみです。
   h)ヒトメタニューモウィルス
     保険診療の適応は6歳未満の方のみです。
  C 各種細菌培養検査
  D エコー検査(心臓、腹部、頸部、他)
  E 単純X線撮影
  F CT検査
  G MRI検査
  H 成長ホルモン負荷試験
  I 膀胱造影検査(排尿時)
  J 髄液検査
など


トップページへ

乳児健診について

当院で実施している健診
  @ 1ヶ月健診
  A 3・4ヶ月健診
  B 6・7ヶ月健診
  C 1歳半健診
  D 3歳児健診

・乳児健診の実施日は曜日を振り分けさせていただいております(以下のとおり)。
  ○月曜日(又は木曜日):1ヶ月健診
  ○火曜日:主に3・4ヶ月健診、6・7ヶ月健診、1歳半健診、3歳児健診


トップページへ

予防接種について

当院で実施している予防接種
  【現行の定期接種ワクチン】
   ・ヒブワクチン
   ・肺炎球菌ワクチン(13価)
   ・四種混合(DPT−IPV;ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ)
   ・BCG
   ・MR(麻疹・風疹)ワクチン
   ・日本脳炎
   ・二種混合(DT;ジフテリア、破傷風)
   ・水痘(水ぼうそう)

  【移行期の諸事情のための定期接種ワクチン】
   ・三種混合(DPT;ジフテリア、百日咳、破傷風)
   ・不活化ポリオ
   ・水痘(水ぼうそう)

  【任意接種ワクチン】
   ・おたふくかぜ
   ・ロタウィルス(5価;ロタテック)
   ・B型肝炎
   ・13価肺炎球菌(従来の7価ワクチンのみで接種を済まされた方の補助的追加接種として)
   ・インフルエンザ(毎年秋〜冬期)

その他、定期接種の時期に出来なかったワクチンも適宜、任意接種として実施できます。


トップページへ

当院小児科でのワクチン接種の方針

当院小児科でのワクチン接種の方針

@基本的には同時接種(数種類のワクチンを同日に接種すること)を推奨いたします。
   (理由1) 単独接種(1日1種類の接種)では、早期にワクチンスケジュールがこなせない。
   (理由2) 生後早期は重症感染症の危険性が高く、単独接種のメリットが少ない。
   (理由3) 同時接種は世界では標準的な接種方法であり日本小児科学会も推奨しており、全国的
        に普及している方法であるため(同時接種と単独接種では、効果と副反応・副作用に差が
        ない)。
 A任意接種のワクチン(ロタウイルス、おたふく、水ぼうそう、B型肝炎など有料のワクチン)も
   積極的に接種することを推奨いたします。(水ぼうそうは平成26年秋に定期接種化を予定)

   (理由1) 罹患すると重症化や合併症・後遺症を来すこともあるが(問題なく治る保証はどこにも
        なく、ワクチンで十分予防できる疾患(VPD・・・vaccine preventable disease)である
        ため。
   (理由2) 日本は海外に比べワクチンによる疾患予防に対する考えが遅れており、国が全てのワク
        チンを定期接種化(国がワクチン費用を負担し保護者の負担を無料化)するまで何年待た
        されるかわからない(世界保健機構WHOが定期接種化を日本にも勧告しているが速やか
        な対応が期待できていない。自分の子どもは自分で守らざるを得ない日本の現状)。
 Bある程度の風邪症状(鼻みずや軽い咳)であれば、接種を行います(医師に要相談)。
   (理由) 子どもさんは風邪をよく繰り返すが、いつまでもワクチンスケジュールを進めないことの方
        が問題となるため(重大な疾患の予防を進めることができない)。
   (注意!) 風邪などで受診した際、後日にワクチンを控えている場合はワクチン当日では
         なく診察を受けた際にご相談されることをお勧めします。


【追記】ワクチンの有害事象について多くの報道やネット上で様々な情報(ワクチンの非専門家による個人的見解を記載したサイト、ブログなどの個人的経験談)などがありますが、メディアによる曖昧かつ不十分な情報(例;「ワクチン接種後に死亡。詳細は不明。」という記事ではワクチンで死亡と誤解を招きやすい。持病の有無など何も書かれていない!)や個人的見解が飛び交っており、どの情報が正しいか悩まれると思われます。ご不明な点は個人的に判断されず、小児科医にご相談ください。
                                    平成25年5月29日 周東総合病院 小児科

当科でのワクチンについての考え方をご参照いただき、積極的に同時接種でワクチンスケジュールをこなしましょう。また、任意接種は有料ですが、積極的に行いましょう。ワクチンの値段がより安い病院を探して接種していただいても良いでしょう。

下記のホームページもご参考にしてください。
  ◎:公益社団法人 日本小児科学会
  ◎:NIID 国立感染症研究所
  ◎:NPO法人 VPDを知って、子どもを守ろうの会


トップページへ

ワクチン・健診の電話予約について

当科ではワクチン・健診を電話にて予約受付を行っておりますが、診療状況の兼ね合いで以下の時間帯にお電話くださいますようお願い致します。

  午 前(昼) 午 後
月曜日 11:30〜12:30 電話での対応は行っておりません
火曜日
水曜日 14:00〜16:50
木曜日 【1月〜10月】14:00〜16:50
【11月〜12月】15:00〜16:50
金曜日
土・日・祝日、病院休診日 電話での対応は行っておりません

                                   平成25年11月21日 周東総合病院 小児科


トップページへ

産婦人科・助産師との連携と新生児管理について

当院は、産婦人科と小児科がある病院としては、柳井医療圏では唯一の病院です。産婦人科医師、
助産師と連携をはかり、軽傷や比較的軽度のリスクの新生児であれば当科で対応いたします。
  @ 在胎35週前後の早産児
  A (在胎中の推定体重)2000g前後の低出性体重児
  B 新生児低血糖症
  C 新生児感染症
  D 新生児呼吸障害
  E 新生児無呼吸発作
  F 新生児高ビリルビン血症(新生児黄疸)

人工呼吸管理・人工サーファクタント、昇圧剤、中心静脈栄養、脳低温療法、(交換)輸血、手術など
を要する病態のため、当科で管理困難と判断した新生児は、近隣NICU(NICU:新生児集中治療
室、主に徳山中央病院、国立病医院機構岩国医療センター、山口大学医学部附属病院等)に相談の
上で、新生児搬送を行います。


トップページへ