平成28年度 周東総合病院 病院指標


診療報酬改定に向けて中医協で検討されてきた病院情報公表の案に基づき、平成28年度の入院患者データより作成した当院の情報を公開いたします。
これは医療機関のデータの質の向上とデータ分析力や説明力の向上を目的としており、当院の急性期医療の現状を皆様にご理解いただけることと存じます。
データは全国統一の集計方法で集計しております。
また、自動車賠償責任保険、労災保険、自費等の方は集計の対象から外しておりますことをご了承下さい。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 184 92 85 180 231 456 1,215 1,774 1,488 406
当院では70才以上の患者様が全体の約6割を占めており、山口県は全国で4番目に高齢化率が高い県です。その山口県内でも最も高齢化率が高い柳井医療圏の特徴が現れているといえます。また、10歳未満の入院患者数が他の若年層と比較し多い傾向が見られます。理由としては当院では近年分娩の件数が増加しており、それに伴い当院で生まれた新生児の入院が多くなっているためです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 310 2.21 2.72 0.0% 67.8
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 69 7.74 11.06 1.4% 80.3
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 55 10.35 11.74 0.0% 75.4
DPCコードは「最も医療資源を投入した傷病名」と、その分類(6桁目までの番号)に対してどんな手術や処置等が行われたか、どんな併存症(定義副傷病)が存在したかによって細分化され14桁の診断群分類が決定されます。 これら以外にも多くの消化器疾患を診療しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし(※1) 139 2.89 3.06 1.4% 72.2
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし(※2) 119 4.75 4.71 1.7% 71.9
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 81 25.79 17.95 16.0% 81.6
DPCコードは「最も医療資源を投入した傷病名」と、その分類(6桁目までの番号)に対してどんな手術や処置等が行われたか、どんな併存症(定義副傷病)が存在したかによって細分化され14桁の診断群分類が決定されます。 循環器内科の上位2つが「050050狭心症、慢性虚血性心疾患」ですが、7桁目以降の番号が異なっており、以下にそれぞれの検査・治療内容の違いをわかりやすくお示ししています。
※1・・・診断心臓カテーテル検査のみ
※2・・・血管内治療あり
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫,免疫系悪性新生物 手術なし 処置2_5あり 30 27.17 25.11 3.3% 75.4
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 21 23.10 16.83 0.0% 73.2
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 19 16.47 14.61 5.3% 61.7
骨髄腫やリンパ腫に対して安心・安全に化学療法を提供しています。糖尿病の治療にも力を入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 52 9.06 7.61 3.8% 65.7
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 46 6.78 5.29 0.0% 68.6
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 45 3.00 4.48 0.0% 73.0
低侵襲(切開範囲の少ない)の腹腔鏡下による胆のう摘出手術を行っています。鼠径ヘルニア手術も短期間の入院で行え、小児の手術にも対応しています。当院の患者様の多くが高齢であること、また遠方・交通の便の悪いところから通われているという背景より、結腸・直腸のがん(いわゆる大腸がん)に対して外来・入院何れかの化学療法を患者様が選択できる体制が整っており、多くの患者様に安心・安全に化学療法を提供しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 140 54.24 27.63 26.4% 84.0
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 67 36.90 26.26 3.0% 74.7
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 67 38.87 20.57 19.4% 79.4
股関節・膝関節の変形性関節症に対する人工関節手術を行っています。胸椎・腰椎圧迫骨折の加療も行います。これらの入院加療は急性期病院での手術後、リハビリテーション病院等へ転院加療する、と言うのが一般的な診療の流れとなっています。しかし、当院の近隣には整形疾患を主に診るリハビリテーション病院等が非常に少なく、転院が困難になっています。当院では連携している病院が担う部分を自院の「回復期リハビリテーション病棟等」で行っているため、平均在院日数が全国と比べて長く、また平均在院日数の短い病院と比べて転院率も非常に低くなっております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 98 2.26 2.68 1.0% 70.1
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 処置1なし 定義副傷病なし 48 2.69 2.82 2.1% 57.7
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 46 12.15 7.44 2.2% 78.3
前立腺生検と体外衝撃波尿路結石破砕術の初回治療を1泊2日の入院で行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等(※1) 28 11.79 9.88 0.0% 32.0
120170xx99x0xx 早産,切迫早産 手術なし 処置2なし 23 17.61 20.79 21.7% 30.5
120140xxxxxxxx 流産 21 1.57 2.43 0.0% 33.3
※1・・・子宮全摘術等→帝王切開
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 325 3.06 2.91 0.0% 76.0
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり(※1) - 3.00 3.40 0.0% 70.7
020200xx9710xx 黄斑,後極変性 手術あり 処置1あり 処置2なし - 9.00 7.72 0.0% 65.5
白内障手術を2泊3日の入院で行っています。希望される方には日帰り手術も出来ます。
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 82 5.85 6.18 0.0% 0.0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 12 2.83 5.50 16.7% 5.0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 11 3.91 6.02 0.0% 0.5
出産数の増加に伴い、産婦人科と連携して低出産体重など出産直後の入院に対応しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 38 27.16 16.54 36.8% 74.0
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 17 11.94 7.12 11.8% 56.8
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 16 37.69 19.35 62.5% 68.1
急性期の脳梗塞や頭蓋内血腫に脳神経外科医1名で対応しています。これらの入院加療は急性期病院での治療後、リハビリテーション病院等へ転院加療する、と言うのが一般的な診療の流れとなっていますが、当院の近隣には脳血管疾患を主に診るリハビリテーション病院等が非常に少ないため、在院日数が長くなっています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり A-DROP スコア2 - 45.00 18.71 100.0% 95.0
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2_2あり - 23.00 30.85 0.0% 73.0
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 45 14 - 19 0 39 1 7
大腸癌 22 25 28 63 0 107 1 7
乳癌 11 11 - - 0 - 1 7
肺癌 11 - 11 20 0 18 1 7
肝癌 - 13 - - 0 60 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院で癌治療を行っている患者様の5大癌(日本人に多いといわれている癌)の病期分類(ステージ)を集計したものです。ステージは癌が進行すればその数字が大きくなっていくもので、当院では様々な部位の癌や様々なステージの患者様の治療を行っています。また患者様の中には治療の過程で残念ながらに癌の再発が認められる方もいらっしゃいますが、そういった方々も当院で引き続き治療を継続されています。
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 10.0 48.0
中等症 57 17.9 82.9
重症 - 27.3 86.3
超重症 36 23.1 80.1
不明 0 0 0
日常生活で肺がウイルスに感染して炎症を起こすものを市中肺炎といいます。肺炎の重症度は年齢や脱水、呼吸、意識状態などで決定されます。中等症が全体の約半数を占めており、超重症も3割を占めています。重症度が上がると在院日数も上がります。また、中等症以上の方は主に高齢の方となっています。
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 10.0 81.2 0.0%
その他 - 2.0 80.0 0.0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 93 34.2 79.2 41.9%
その他 - 31.3 75.0 66.7%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 308 0.4 1.3 0.0% 68.1
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 54 2.1 8.8 3.7% 81.9
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 49 1.2 7.8 0.0% 75.8
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 107 2.1 3.5 2.8% 74.0
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 47 3.0 3.9 2.1% 77.2
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 28 3.6 14.7 14.3% 80.3
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 9.7 14.7 0.0% 663
K0461 骨折観血的手術(大腿) - 8.0 20.0 0.0% 69.0
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 24.0 28.5 50.0% 79.0
※今回の集計では複数の診療科にまたがって入院・診療を受けた場合には、主たる診療科で手術件数を集計する決まりになっています。
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 63 1.9 6.3 1.6% 66.4
K6335 鼠径ヘルニア手術 53 2.2 4.7 1.9% 62.5
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 26 0.3 5.8 0.0% 42.7
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 127 5.3 43.9 21.3% 78.7
K0821 人工関節置換術(股)(※1) 123 2.6 33.6 2.4% 73.1
K0811 人工骨頭挿入術(股)(※2) 42 6.9 41.3 28.6% 82.2
高齢者の大腿骨頚部や転子部の大腿骨近位骨折が多くなっています。
※1人工関節置換術(股)には股関節だけでなく、肩関節や膝関節の症例も含まれています。
※2人工骨頭挿入術(股)には股関節だけでなく、肩関節の症例も含まれています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 18 2.5 12.3 5.6% 78.6
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - 0.3 57.3 100.0% 65.7
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - 1.0 35.0 100.0% 53.0
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 48 0.4 1.3 2.1% 57.7
K610-3 内シャント設置術 41 6.8 22.0 12.2% 71.8
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 40 0.2 2.1 10.0% 72.4
新規透析導入のための「内シャント造設術」は、術前・術後の在院日数が長くなる傾向にあります。経皮的シャント延長術・血栓除去術は1泊2日入院で行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 31 7.1 9.0 0.0% 32.4
K877 子宮全摘術 24 1.5 12.1 0.0% 59.3
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 14 2.5 10.9 0.0% 73.7
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 321 1.0 1.0 0.0% 76.0
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - 1.0 1.0 0.0% 70.7
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - 1.0 2.3 0.0% 74.7
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - 0.0 7.0 0.0% 0.0
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - 0.0 2.0 0.0% 2.0
※患者数が10未満の数値は「-」としています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00%
異なる - 0.08%
180010 敗血症 同一 - 0.07%
異なる 17 0.28%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 0 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 ※ 62 1.01%
異なる ※ 23 0.38%
医療の質の改善に資するため、厚労省より提示されている4症例について示します。播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院契機疾病か併存疾病(入院後発症疾病を含む)を区別して対象患者数と発症率を示しました。
敗血症で入院契機の異なる症例では80才以上の患者様が15名おり、高血圧や糖尿病などの基礎疾患を持った方が肺炎などで入院し重症化した症例が多くありました。
※手術・処置等の合併症では人工透析を行う上で避けられない血管内の血栓除去と腹膜炎の55件を含んでいます。
患者数が10未満の数値は「-」としています。
更新履歴
20160912
病院指標を掲載
20161003
説明文を掲載
20170928
病院指標を更新