ホーム

院長挨拶

病院案内

診療案内

部署案内

看護部

地域医療連携

健康管理センター

アクセス

病院案内

ホーム病院案内病院の概要>新しくなった病院

新しくなった病院

新病院画像

院長ごあいさつ

約5年の長期にわたる増改築工事がこの程無事完成し、待望の新病院が落成いたしましたことは慶賀に堪えません。

当院は、柳井医療圏の基幹病院として、ご利用者の方々にご満足いただける医療・保健・福祉の提供に努めてまいりましたが、 施設の老朽化や医療の高度化等により、地域のニーズに充分応えることができない部分もございました。

この度の工事は、同一敷地内での工事であり、工事期間中、玄関を院裏側の西館3階に設置したり、 仮設の外来で診療を行う等、ご利用者の方々に多大なご迷惑をおかけしました。今回、ここに新病院の完成をご案内できますことは、 地域住民の方々の工事に対するご理解、ご協力の賜と心から感謝申し上げます。また、難工事を無事故、 無災害で施工していただいた工事関係者の皆様にも厚くお礼を申し上げる次第です。

新病院完成により、療養環境を始めとするアメニティは飛躍的に改善され、 地域の方々にも喜んでいただけるものと確信しております。 また、当院は、二次救急病院、がん診療拠点病院、臨床研修病院、 災害医療拠点病院等に指定されております。 診療業務はもちろんのこと、健康講座や広報誌等を通じて、 健康増進や疾病予防の情報提供等に努め、 「地域の皆様が安心して健康的に過ごせる地域づくり」の役割を担っていく所存です。

今後も職員ともども意を新たにして、安全かつ安心していただける 医療・保健。福祉サービスを提供してまいりますので、 より一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


周東総合病院 院長 守田知明

「竣工式院長挨拶より」


トップページへ

病院建設の経過

平成14年
 4月18日   建設打合せ会議
 8月 8日   理事会(議案:建設委員会設置)
 9月 4日   第1回建設委員会 (以後、合計20回開催)
10月16日   理事会(議案:工事基本計画最終案)
11月 2日   耐震診断(〜3日)
平成15年
 8月 6日   現地説明会
 9月 8日   入札
 9月18日   工事安全祈願祭
平成16年
10月12日   工事進捗状況視察
平成17年
 2月14日   南館(2階〜7階)および東館(B1階〜1階)供用開始
 6月15日   理事会(議案:工事の変更)
 7月12日   第39回臨時総会(議案:工事の変更)
平成18年
 2月 2日   第U期工事安全祈願祭
 2月13日   東館(2階〜7階)供用開始
平成19年
 2月13日   西館供用開始
 3月14日   本館解体安全祈願祭
 9月11日   理事会(報告:工事の進捗状況)
平成20年
 3月11日   定礎式<
 3月17日   玄関棟供用開始
 5月23日   館内改修工事完了
 5月29日   第20回建設委員会(議案:最終検収および引取)
 6月10日   竣工式

トップページへ

建設事業の概要

建物概要
所在地
山口県柳井市古開作1000番地1
用途地域
一種住居
敷地面積
75,398u(看護宿舎2,875u含む)
構造・規模
鉄筋コンクリート造、地上7階 地下1階
建設面積
7,297.33u
延床面積
32,032.80u
建物高さ
軒高 35.0m 最高の高さ 40.0m
駐車場台数
320台
設備概要
受電設備容量
6,100kVA
自家発電機設備
ディーゼル発電機 (500kVA×2台、300kVA×1台)
弱電設備
放送設備、電話設備、テレビ共聴設備、
情報表示設備(ナースコールシステム)、
自動火災報知設備、防犯設備
給排水設備
給水:高置水槽方式(受水槽400t、高置水槽35t)
給湯:ボイラー蒸気による中央給湯方式
消火設備
室内消火栓設備、スプリンクラー設備、連結送水管設備、
二酸化炭素消火設備、ハロン消火設備
空調設備
熱源:油焚吸収式冷温水発生機(360RT×3台)、
空冷ヒートポンプチラー(30RT×2台)、熱交換器×2台
空調:外調機+個別FCU方式(一般)、
外調機+CAV+個別DFU方式(手術室)
エレベーター   乗用8基  配膳用1基
エスカレーター  1箇所(上り、下り)
工期
着工 平成15年 9月18日  完成 平成20年 5月23日
設計監理
株式会社 全国農協設計
     全農中国一級建築士事務所 山口管理センター
施行
鹿島建設・末延建設共同企業体
トップページへ
トップページへ